サイタ趣味の習い事演劇スクール演技 東京 岡田純子舞台・声優レッスン レッスンノート 新しい台本

新しい台本

演技学校のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

前回、良い感じで舞台を終えたと言う事で、とても安心しました。
レッスン後も頑張って練習したのでしょうね。

今回新しい台本でした。

軽く読み合わせし、キャラクター設定を考えます。

台本からすると、10代~20代でしょうか?
確かに、若者の印象はあります。

キャラクター設定を考えずお芝居をする人がとても多いです。
セリフを読むだけではお芝居ではありません。
お芝居をするには、その役を理解するべきです。
大雑把な設定でも粗が出ます。しっかりとした設定を作り上げ、
動いたり、感情が生まれたりします。

そして陥りやすいのが、
常識では…普通は…ありえない…当たり前..
など、本人の価値観で全てを判断する事。
そして役の世界を狭めてしまう。

後は台本はこうだから…といって、自分に合わない役作りをする事です。

無理して嘘で固め、作り上げた張りぼてには何も興味がわきません。
コントや練習ならまぁいいでしょう。でも、たとえ練習でも、
自分にかけ離れたものを延々やり続けるのも考え物ですよ。

難しい事なのですが、いろんな可能性を受け入れ、
固定概念を捨て、新しい道を見つけていかないと、
直ぐに頭打ちです。

役者になりたいのであれば、可能性をつぶしてはいけません、

今回はとても大きな壁がありました。
年齢です。

声優なら声、舞台ならその人の動きなどで年齢は作れます。
しかし、映像は難しいです。若い子が年齢上になるのは結構容易ですが、
逆はとてつもなく大変です。

練習だからこういう普段やらない役にチャレンジ!その気持ちもとてもいいです。
しかし、どんな役でもいいとは限りません。
何もチャレンジし、どう作るか…自分に一番いい形を選べるようにしましょう。

まずは動きを考えていきます。
舞台設定が狭く、あまり動けない。でも動こうと思えばいくらでも動けます!

頭から駆け足でやっていきました。
時間が無く駆け足だったので、もうちょっとじっくりやりたいところです。

後、場所が狭すぎたので、もう少し広い方がいいですね。
新着レッスンノート

いつも通りのUPをして、 今日は少し広かったので、 思いっきり手を動かせたかな? 寝ながら腹式呼吸をチェック。 呼吸はかなりちゃんと出来るようになっています。 まだ量は少な目ですが、 ちゃんと肺の奥まで空気が入っています。 しかし… 声はなかなか…出ません。 理由...

コロナ禍だというのに、結構な込み具合な町でのレッスン。 からおけBOXも大賑わいなので、 本当、予約必須です。 少し大きめなお部屋は比較的空いているのでぎりぎり予約でも 何とかなりました。 まずはUPして今日は顔の運動もしました。 少しづつ新しい事を取り入れ、 こんな事し...

発声練習は どうしてもマンネリして、 なかなか結果が出なかったりします。 よくある… あ、え、い、う、え、お、あ、お! というやつ。 丹田意識して、低めの声で…とか… とりあえず大きな声を腹から出せー! というようなやり方だけではないと思います。 実際私が...

いつも小さな部屋で手がぶつかるのを気にしないと動けない感じでしたが、 今回は生徒さんの希望で大きめの部屋にしました! 部屋の真ん中で、思う存分手足を動かせる! 良いですね! ただ あーあー と言ってる発声もつまらないので、 あめんぼの歌を、使って発声しました。 喉締めの...

お芝居の勉強を始めたばかりのコでした。 とても前向きで、もっと成長する為にどうしたら良いかという 打開策を見つける為に体験に来てくれました。 いいですね! 現状に満足せず、もっと上を目指す心意気。 本当に良いと思います。 今回はレッスンというより、 講義でした。 ...

レッスンノート ページ先頭へ