サイタ趣味の習い事演劇スクール演技 大阪 わたべ演劇堂 レッスンノート 芝居に対してアグレッシブに

芝居に対してアグレッシブに

演技学校のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

目が覚めたら、あなたの周りは白黒テレビで埋め尽くされています。

こんなシチュエーションでどのような反応、行動をするか。
というエチュードでスタートしました。

イメージをしっかり描いて入り込めば色んなことが出来るというものでしたが、今回は何も出来ずに終わってしまいました。

『わたべ演劇堂』でのレッスンでは表現することを求めています。とりあえずやってみよう



『緊張感』をテーマに台詞をやりました。
しばらくは座った状態でやっていましたが、やはり良い感じになりません。

立ってやってみたら随分変わりました。
『緊張感』が出て来ました。

台本は、分量が少ない場合は想像力がものをいいます。但し、そのシチュエーションに適したものでなければなりません。

「緊張を隠す」というのはいい視点でした。が、出てきたのは「緊張を無くす」になっていました。
これでは本末転倒です。的確な表現力が必要な高等技術ですよ。
このレッスンノートを書いたコーチ

あの有名スクールの元講師!舞台役者~声優まで、貴方の武器を伸ばす指導

新着レッスンノート

今回は少々長めの台詞のチェックとなりました。 鼻濁音と母音の無声化が一つの長台詞の中に沢山あったので、苦戦しました。 ここは反復練習でクリアするしかありません、頑張りましょう。 また、長台詞ゆえに感情表現の組み立てが重要なものもありました。 ひとつの台詞で感情の変化、取り巻く状...

出演予定の台本のチェックでした。 ご要望の、アクセント確認を中心に見ていきました。 間違いやすい単語や決まり事に当て嵌まらないケースを除いては、重大な問題はありませんでした。 発音の部分では、母音の無声化や鼻濁音を意識して修正してみて下さい。 演技の部分で気を付けて欲しいの...

台詞・動きを、演出の観点から考えながらやってもらいました。 舞台演技では必須の技術なので、理解し、身に付けて下さい。 サバサバキャラなのに、色気を出す芝居がちらほら見えますが、キャラクターをしっかり把握して、振る舞い方に神経を使って演じましょう。 舞台上の動き(移動)も重要な演出...

久しぶりのレッスンは、ダイアローグ(会話)のレッスン。 ○台詞に素の自分の癖が強く出ている。 ○テンポを決めすぎている。 ○台詞と動きに連動性が乏しい。                   という点が気になりましてた。 これらに関してはおそらく、自分がやり易い、楽に出来る方法...

身に付けるべき技術を、基礎から学んで頂きました。知ってることもあったでしょうが、知らないこともまた、沢山あったことでしょう。 特に、「鼻濁音」「母音の無声化」は技術的にも難しいと思います。 全体的な印象としては、声の大きさやハキハキしたしゃべり方など、役者として大事なものが既に具わ...

レッスンノート ページ先頭へ