サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Access 東京 AccessPro大親切スクール レッスンノート FileMakerProからAccessへの移行

FileMakerProからAccessへの移行

Access(アクセス)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンを受講していただきありがとうございました。現在、ファイルメーカーproで管理されているデータを諸事情からAccessに移行しなければならなくなったということです。

FileMakerというと私も20年ほど前、当時それがMacintoshでの唯一の本格的データベースソフトであったことから、一度だけシステムを作成したことがありました。ただその時の印象では、リレーショナルデータベースソフトではなくカード型データベースソフトだったように思います。
現在はFileMakerProとなり本格的なリレーショナルデータベースソフトとなっているようです。

今回見せていただいたサンプルシステムは、古い時代のFileMakerを思い起こさせるカード型データベースとしての使用でした。Accessに移行しても同様の使い方でよいとのことでした。

1つのテーブルで管理できるようなデータ、例えば、今回のような名簿的なものや、書籍管理などでは、通常はExcelで対応できるものです。データベースソフトを使っている理由についてお聞きしたところ、様々な帳票出力が必要であるためとのことでした。

確かに、ExcelとAccessなどのデータベースソフトの違いの一つとして、データベースソフトでは入力形式、出力形式を自由に設計できるということがありますね。
ExcelではユーザーフォームとVBAを使わない限り、入力画面と出力画面は同じです。そのため出力を意識した入力画面とする必要があり、入力がしにくいものとなる傾向があります。加えていろいろな形式の帳票出力となると実用は難しいですね。

以前はカード型データベースソフトが、リレーショナルデータベースとは異なるジャンルのソフトウェアとして多くの製品が売り出されていました。記憶にあるのは、The CARD、ASKA、ZERO、FCardなどです。現在でもごく安価なものが数種類販売されているようです。

そこでFile Maker Proからの移行としては、あえて難しいリレーショナル型のデータベースではなく、気軽に使えるカード型データベースも選択肢になるかもしれません。
ただしお勧めはやはりAccessです。というのは、カード型データベースを使えるようになってもスキルアップにはなりませんが、Accessを使えるようになることは社内的にも社外的にも評価されることであるからです。Accessが現在メジャーなソフトウェアであるということも重要な点です。データベースソフトを学ぶならAccessを学ぶのが一番得ですね。

またもう一つの理由は、現在はカード型のような処理をされているデータですが、それもよーく見てみると個人の歴史のようなものが潜在的に含まれていて、それらを保持しながら現在と同様に、最新データだけを扱うというように考えることが本来的なデータの扱い方ですから、そのように、業務で扱っているデータをリレーショナルな観点から見られるようになるということもスキルアップにつながるためです。
データを「一対多」という視点から捉えられるようになることで、他の業務についても現在より広い視野を持てるようになります。
このレッスンノートを書いたコーチ

重要な操作を効率よくレクチャー。データベースの基礎~VBAまで

新着レッスンノート

受講のために遠くから来京していただきありがとうございます。東京はまだコロナが蔓延している状況ですので、レッスン受講にも気後れされたことと思います。 今回は受注管理システムのフォーム作成の続きを行いました。 受注伝票のヘッダー部分に表示する「得意先」などをマスタテーブルから引用するコンボ...

名簿を管理するシステム作成の続きです。FileMakerProからデータを移行し、その後ご自身でカード型フォームにコンボボックスを置いて検索する仕組みを作成して、すでに現場で運用を始めているとのことです。機能としてはまだ不十分なものの実際に使えているということです! 今回はDatedif...

受注、加工、在庫を管理している現行システムの代わりとなるものをAccessで作成したいとのご要望です。前回までのレッスンでクエリ操作の全般を終えていますので、今後はレッスンで学んできたことを確認しながら実際のシステムを作成していきたいと思います。 受注伝票に関係するテーブルを作成しました...

前回からリレーショナルなデータを扱う上で欠かせないデータ間の関係について学んできました。今回はやや難しい多対多結合を確認しました。 一対多関係では、マスタデータ同士での一対多、トランザクションデータ同士での一対多、マスタデータとトランザクションデータ間での一対多を確認しましたが、それと同...

期間が空きましたがレッスン再開です。前回までに主に1つのテーブルを対象としたクエリ操作を終えましたので、今回からは2つのテーブルを横につなぐ結合クエリのレッスンに入ります。 Accessでは操作する対象を意識することが理解の早道です。1つのテーブルを扱う、あるいは2つのテーブルを縦に結合...

レッスンノート ページ先頭へ