サイタパソコン教室・IT資格マイクロソフトOffice(オフィス)使い方講座Access 東京 AccessPro大親切スクール レッスンノート Accessアプリケーションの編集

Accessアプリケーションの編集

Access(アクセス)使い方講座のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

業務で使用するAccessアプリケーションを編集できるようになりたいとのご要望でした。
Accessというソフトウェアに対しては二つのイメージを持たれていることが多いように思います。一つはExcelのシートと同様の表のイメージで、もう一つはフォームに配されたボタンによって特定の動作をするように作られたアプリケーションシステムのイメージです。
これは、Accessにはクエリを手動操作してデータ集計を行う使い方と、ユーザーにメニューフォームを提供してそこから様々な処理を行うことができるようなアプリケーションにするという二種類の使い方があるためです。
今回ご相談いただいたのは、後者のシステム化されたAccessの使い方についてでした。

ナビゲーションウィンドウでオブジェクトを確認しますと、テーブル、クエリ、フォーム、マクロの4つが使われていました。レポートとモジュール(VBA)はありませんでしたが、いずれにしても他の人が作ったシステムを編集するというのは簡単ではありません。
アプリケーションを構築できるAccessなどのソフトウェアでシステムを組む場合、自分が作成したシステムであれば自分が理解している範囲の機能で作成されているわけですから、後からそれを解析して作り直すことはそれほど難しくありません。しかし実際には、少し複雑なシステムで時間がたってしまうと自分で作ったものでも動作を理解するのはたいへんで、作成した時と同じくらいの時間がかかってしまうものです。まして他の人が作成したシステムの理解の難しさは推して知るべしですね。

Accessアプリケーションの解析のためには、そのシステムで使われているオブジェクト(今回は4種類)について熟知することが求められます。体験レッスンでは、Accessの基本的な性質を理解していただくために、Access特有のデータ処理と、中心機能であるクエリの概要について見ていただきました。
まだ先が見えない段階かと思いますが、最初はクエリの基礎を学び、とりあえずExcelで行う処理と同じことがAccessでもできるようになることが目標になります。次に、Accessがそのためにあるといってもよい、一対多、多対多のデータ結合について学びを進めます。
このところでAccessでのデータ処理についての理解が深まっていくことと思いますので、それまでいくらか忍耐が必要ですがぜひ受講をご検討ください。
このレッスンノートを書いたコーチ

重要な操作を効率よくレクチャー。データベースの基礎~VBAまで

新着レッスンノート

コンボボックスの設定を学びました。 フォームのコンボボックスやテーブルのルックアップ設定はウィザードを使って行うことができますが、ウィザードでは意図したいことが実現できない場合があります。 そのため当レッスンではウィザードでの設定ではなく、プロパティでの手動設定を覚えることを勧めています。...

現在Excelで扱っている大きなデータをAccessでスマートに抽出したいという課題です。 Excelなどから書き出された大量のテキストデータをAccessにインポートする場合、データ型と列ずれの問題を避けることができません。 今回のご相談では両方の問題が起きているとのことですので、Acc...

はじめてプログラミングを学ぶときにわかりにくいと感じるものの一つに変数があります。変数の役割を理解することは難しくありませんが、その必要について理解することはなかなか難しいと思います。 「変数は値の入れ物」という説明がよく行われます。まさにその通りで、例えば、  Dim a as ...

プロシージャの種類による実行方法の違いを確認しました。イベントプロシージャの実行方法についてはMOS試験対策の段階からすでに繰り返し経験してきましたので、今回はこのイベントによる実行と、後に学ぶデバッグ時のVBE実行コマンドからの実行を除いて、プロシージャの実行方法とその記述を学びました。 ...

VBAの参考書では「オブジェクト参照」という言葉がよく使われています。これは、VBAではフォームのプロパティやコントロールの値を変数に代入したり、逆に、ある値をそれらのオブジェクトに適用するとき、オブジェクトの名前をプログラム上に記述しなければならないわけですが、その書き方のことを指す言葉です...

レッスンノート ページ先頭へ

Access情報

サイタのAccess講師がブログを通して、Access情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Accessの先生

@MSOfficeCyta