スポーツ教室ヨガ教室レッスンノート 正しく立つ 座る 呼吸のストレッチ

正しく立つ 座る 呼吸のストレッチ

ヨガ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした。

使わないものは廃れる、
使わない体は老化します。笑
使わなくてよい場所はありません。
できることを丁寧に、積み重ねていきましょう。

◯理にかなった立ち方
壁に背を向け、腰幅に足を開き
足首、ふくらはぎ、お尻、肩、後頭部
をつけようとします。
腰のあたりが壁から離れるのでつけようとします。
それには
お尻をさげて、お腹を引き上げることです。
自ずと足を踏みしめることになり、
肋骨をしめることになります。
しっかり地面をおしてまっすぐに立てるように
足裏を柔らかくすべく、
ゴルフボールコロコロに勤しみましょう。

◯理にかなったあぐら
壁と背中の間にブロックをはさみ、
お尻をなるべく壁に近づけあぐらをかきます。
脇を締め、肘のとんがりを引くことで
胸が開きます。

◯呼吸のストレッチの話

◯キャットアンドカウのポーズ
立つときの
お尻を下げてお腹を引き上げるには
骨盤の動きが大切です。
骨盤を前傾、後傾させるから背骨がしなります。
腰は使いません。
骨盤の位置を意識するためのポーズです。

◯トリコアーサナ 三角のポーズ
左右の足のスタンスは120センチほど
前足を前にむけ、
後ろ足は正面に向け、つま先を少しインします。
左右の腰骨は正面にむけます。
前足の膝を少しだけ曲げます。
後ろ足は外側を床にめり込ませるように
踏ん張ります。
前足の股関節に手を入れ、
右の腰で左の腰を押します。
腰からではなく股関節から横に倒れます。
脇は曲線ではなく直線をえがきます。
脚力を養い、脇を伸ばすポーズです。

◯ブロックを使ったランジのポーズ
ブロックの上に手を置き、
前足は膝を直角に踏み込み、
後ろ足は膝を着きます。
手を腰に
腰を使わずに上半身を起こします。
腰や胸を反らずに
お尻を下げてお腹を引き上げて
上半身を床と垂直に立てます。
後ろ足のそけい部(股関節のあたり)を
伸ばすポーズです。
正しい立ち方にかかわります。
(前かがみだと胴体と太ももが近づくため)
このレッスンノートを書いたコーチ

冷え性や身体の不調でお悩みの方に!この先生となら変化を実感できます

肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ
紅谷友美 (ヨガ)

渋谷・原宿・中目黒・駒沢大学・新宿御苑前

レッスンノート ページ先頭へ

ヨガ情報

サイタのヨガ講師がブログを通して、ヨガ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!