サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング 東京 ボーカル・スクール KANA レッスンノート 解決方法

解決方法

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした!

歌い癖を直すことを中心にレッスンを行いました。
悩みごとの解決法がハッキリしたので、あとは実践を重ねるだけですね。
身体のコントロールがとても上手なので、理想の声を目指して練習していきましょう。

〈息〉
下腹に強い力を感じずに歌っていると、とっても不安になりますね。
しかし、腹式呼吸を常に全力100%で使って歌う声は、理想の声とは遠くかけ離れてしまいます。
腹式呼吸の息は「ため息」ほどの強さで十分です。
頑張らずに表現できるのは、腹式呼吸をマスターしているからなんですよ。
少ない息の量でもかすれた声にならないのは、息の使い方が上手なのと声の出口を眉間の一点に絞れたからです。
大丈夫。自信を持って、楽に歌っていいんですよ。

〈声のワープ〉
声の出口を一箇所に絞ることで、高音でも低音でも声質が変わることなく歌えます。
出口は「眉間」でしたね。
上手に意識して眉間から声を飛ばすことができていますので、この調子で出口の穴の大きさを小さくしていきたいと思います。
高い声を出す時には、鼻の奥にたくさん響かせないと声質がクルクル変化しますので「ナ」の発音で鼻の奥に声を響かせる感覚をしっかり掴んでいきましょう。

〈シャクレ〉
言葉の抑揚や文章の抑揚でリズムを取ってしまうから、シャクレの回数が多くなります。
一つのフレーズを緩やかな山や丘、半円だとイメージして、凸凹しないようにフレーズとフレーズに虹をかけるつもりで歌いましょう。レガートで歌うことが大切です。
リズムは言葉ではなく、伴奏の音の中から拾えるとさらにレベルアップしますよ。
歌が朗読や演劇と違う点は、歌詞だけで抑揚やリズムを作り出さないこと。
伴奏とメロディーの動きと歌詞の抑揚全てを合わせて、リズムを作る方法を練習していきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

オペラ~アニソンまでこなす声楽家。恥ずかしがりやの方も気さくにサポート

新着レッスンノート

レッスンお疲れさまでした! 練習曲と課題曲、2曲を練習しました。 練習曲はよく歌えていて合格です。次の課題曲は難易度が上がるので、譜読みからゆっくり進めます。 課題曲はサビ以降、高音部分を重点的に練習しました。 腹式呼吸を使うために腹部に力を入れると、背中が丸まってしまうの...

レッスンお疲れさまでした! 練習曲と課題曲、2曲を練習しました。 練習曲では1曲を通して、音の動きに合わせてできるだけ正しく歌うことを目指しました。 頭の中にメロディーが鳴っているので、後は音名を読み慣れれば大丈夫です。このままのペースで練習を続けましょう。 課題曲は高音部...

レッスンお疲れさまでした! 練習曲と課題曲の2曲を歌いましたね。 練習曲では発声練習の応用として、メロディーを美しい発声で正しく歌うことを心がけていただきました。 課題曲は高音部や息継ぎを基準に、できるだけ楽に歌う方法を練習しました。 楽に歌うには身体(特に背筋と胸)を上手...

レッスンお疲れさまでした! 練習曲と課題曲の2曲を歌いました。 練習曲で発声と音程とリズム(音符の拍数)の練習をして、課題曲練習の準備をしました。 課題曲は久しぶりの曲を歌いましたが、練習重ねたかいがあり、以前と変わらず良く歌えていました。 歌詞を早口で喋る部分は何度も繰り...

レッスンお疲れさまでした! 今回も練習曲と課題曲の2曲練習しました。 練習曲は復習のために一つ前の曲を歌い、音程と発声のバランスを整えました。 課題曲はサビの部分をたくさん練習しましたね。高音部分の発声を復習し、気持ちよく歌いこなす感覚を思い出すことに努めましたが、より伸びや...

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta