サイタ音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニング 東京 ボーカル・スクール KANA レッスンノート 身体が楽器

身体が楽器

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした!
初めてのレッスンとは思えない上達にビックリしています。
レッスンの始めと終わりでは、歌声が全然違いましたね。高い声を出すコツをつかんだら、声も大きくハリが出て、とても上手に歌うことができました。
これからも好きな曲やチャレンジしてみたい曲で、楽しく練習を続けていきましょう。

〈基本は3つ〉
・笑顔
・息
・イメージ
呼吸を一定の強さで吐き出し、笑顔で歌い、声を飛ばす方向や声の強さを想像しビジュアル化して脳へ伝える。身体が楽器です。
車に例えるなら息がガソリン、声帯がエンジンです。脳はハンドルやシフトレバーの役目を果たします。
笑顔で勢いよく息を吐いて、口や顔面から声を出し音程を正確に歌う練習をしましたが、とても上手にご自身の身体をコントロールされていました。この調子で練習を続けて、スッキリ歌い上げられるような楽器(身体)に調整していきましょう。

〈高い声〉
高い声を出す場所は、さらに2〜3倍の息の勢いをつけて声を出します。そして、拳が入るくらいの口を笑顔で開きます。
コツは、下顎がガク〜ンと落ちないこと。声帯に下向きの圧力をなるべくかけないことです。
腹式呼吸が上手なので、息を勢いよく吐くタイミングはバッチリです。
口を大きく開けたり、口の中の空間を広く保つ練習を重ねれば、高い声も気持ち良く余裕を持って出せるようになりますので、鏡を見て口の開き方をチェックしつつ練習を続けましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

オペラ~アニソンまでこなす声楽家。恥ずかしがりやの方も気さくにサポート

新着レッスンノート

レッスンお疲れさまでした! 高音のテノール発声を練習しました。 声の詰まりが取れて、美しく声を響かせて歌うことができましたね。 口の開け方と呼吸の深さのコントロールは母音ごとに変えるのがコツです。 《ボーッカー・ロー(ディロー)》は「お」「あ」「お」で、口をすぼめて広げる動きに...

レッスンお疲れさまでした! ロックでハイトーンな課題曲に再度チャレンジして、3つの改善ポイントを練習しました。 ①出だしの歌詞2行目の発音滑落現場「る夜」は唇をよく動かして「る・よ・る」とハッキリ喋りましょう。舌に頼りすぎないことがコツです。 ②uh〜のファルセットは鼻に息を...

レッスンお疲れさまでした! 弾き語りを中心に練習を進めました。 コード進行とリズム伴奏を練習しましたね。まずはよく指を動かして、腕の位置と指の形でコードの押さえ方を覚えることが大切です。 歌った時にピアノ伴奏でもたつかないためには、頭で覚えるより身体で覚えてしまった方が便利で...

レッスンお疲れさまでした! 今回は課題曲の仕上げと新曲の選曲をしました。 リズムに乗って歯切れよく上手に歌うことができましたね。 早口で歌詞を歌うことも、heyをしっかり発音することも、どちらもとっても上手です。 間奏前のheyに入る部分のコツは、4拍休んでドコドン4回を数...

レッスンお疲れさまでした! 課題曲の後半、難しい部分の練習を中心にレッスンしました。 お伝えしたコツをすぐに習得されていて、歌唱力レベルの高さに感動しています。 今まで練習してきたテクニックが、しっかり身について使えているのが素晴らしいです! 宿題にしていたトレーニングをし...

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta