音楽教室ボーカルスクールボーカルトレーニングレッスンノート 優しいイメージで遠くの人を呼びましょう。

優しいイメージで遠くの人を呼びましょう。

ボーカル教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
まずは体の緊張をほぐすために準備運動をしていただき、それからのどを温めるために発声をしていただきました。
ドミソミド〜の発声で少しずつ上がっていくと、上のミの音辺りで少しきついということでしたね。
それからご用意いただいた曲を音源に合わせて何度か歌っていただきました。
キーを少し下げた方が良いのではと思い、今度は-3下げたキーを僕がピアノで弾き、それに合わせて歌っていただきました。
音感の良い方でしたので、キーを変えてもすぐに対応していただけてよかったです。
その後、上から少し吊られているようなイメージの姿勢、歌う時に使う息の吐き方、遠くの人を呼ぶ感じの声などのメニューをしていただき、それからアカペラで好きなキーとテンポで歌っていただきました。
遠くの人を呼ぶイメージのまま歌っていただくと、とてもいい感じで声が出ていましたね。
最初とは見違えるようにスムーズに声が出て、いい歌になっていました。
ぜひいつもこの感じでカラオケなどで歌っていただくと、どんどん上手くなられると思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

一人ひとりの持ち味を生かす指導が得意!歌手が教える上達のへの近道とは

ケイジーのボーカルレッスン
小幡桂史 (ボーカルトレーニング)

登戸・成瀬・町田・下北沢・経堂・向ヶ丘遊園・新百合ヶ丘

レッスンノート ページ先頭へ

ボーカルトレーニング情報

サイタのボーカルトレーニング講師がブログを通して、ボーカルトレーニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ボーカルトレーニングの先生

@VocalCyta