音楽教室トランペット教室レッスンノート アーチを描くフレーズを作ろう!

アーチを描くフレーズを作ろう!

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

先日のレッスンお疲れ様でした。


前回までの未来予想図で、曲を吹く事に対する力が大分付いて来ましたね。
新曲の1回目でしたが、以前より遥かに自然な吹き方が出来ていますよ!

[今回の練習]
・アーバン教本、フィンガリング練習
・Story


曲を普通に吹く事には特に問題無いので、次のステップとして音の長さと切り方を考えていきましょう。

この曲に関しては、メロディーの動きの細かさとアーチを描くようなフレーズの作りが特徴的です。
これを活かす為に、まず全体的に音を長めに吹いてみましょう。

それぞれの音が短くなると、フレーズが切れて聴こえやすく流れが止まってしまいますので、フワッと吹くよりも少しはっきり吹いてあげた方が効果的です。

また、要所で低い音からの跳躍が出て来ますが、そういった時は上の音を見るのではなく、下の基点の音をしっかり出す事を意識しましょう。
そうすると、さらに曲の動きが見えやすくなります!


今回は以上になります。
次回も楽しんで演奏しましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

昭和音大卒。教員免許も持つ、教え上手な先生があなたの上達をお手伝い!

小倉大都トランペットスクール
小倉大都 (トランペット)

渋谷・代々木・新宿・高田馬場・溝の口・登戸・町田・吉祥寺・三鷹・千歳烏山・調布・下北...

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta