音楽教室トランペット教室レッスンノート 君をのせての演奏

君をのせての演奏

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・演奏前のセッティングの際に口を開いている状態で慌てて吹き出してしまっているので、必ず口を自然に閉じた形でセッティングしましょう。子音Mの形をイメージしてください。
・曲中の高音部ですが、口周りの筋肉の締め方が緩いので、音の高さによって調節ができるようにしましょう。
・口周りの筋肉はういういや、お水を使ったトレーニングで感覚を覚えて実際に吹く際に使っていきましょう。
・バズィングが鳴らない状態だと音は絶対になりません。必ずマウスピースの中で音が鳴るように気を付けましょう。
・フレーズの長さを意識して、そのフレーズ分きっちりと音が鳴るように吹いていきます。歌詞のある曲なので、その歌詞の区切りや強弱でフレーズを盛り上げるとさらに格好よくなります。

口を閉じたつもりでも閉じられていないことがあるため鏡を見ながら練習してみてください。
いつでも本番をイメージして吹いていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

忙しい方でも大丈夫!ストレスなく、演奏を楽しみ続けられるレッスンを提供

楽にこつこつトランペットレッスン
山田恭子 (トランペット)

新宿・池袋・吉祥寺・中野・高円寺・新高円寺

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta