音楽教室トランペット教室レッスンノート 音の中心を捉えよう!

音の中心を捉えよう!

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

先日のレッスンお疲れ様でした!

大分息が吸えるようになってきて、中低音の音がとても綺麗に出ていて素晴らしいです。

この音色を、より高い音域でも出来るようにしていきましょう。


[今回の練習]
・クラーク・テクニカルスタディNO.2
・In the Mood


しっかりと息が吸えるようになって来たら、次はその息のエネルギーをまとめる事が重要です。

特に高い音に上がる時は、音の真ん中より上のポイントを叩きがちです。
練習の際には、何か周囲で小さい的を見つけ、そこに向かって吹くという練習が効果的です。


それから、プレスが全体的に強くなってしまっています。

特にチューニングのC(トランペットのC)の音より下の音は、もっと口に対する負担を減らして吹く事で、より音が明るく遠くへ鳴るようになります。

口での支えが少ない分、新しい支えとしてしっかり息とお腹を使うように心掛けましょう!

それでは、次回も楽しんで演奏しましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

昭和音大卒。教員免許も持つ、教え上手な先生があなたの上達をお手伝い!

小倉大都トランペットスクール
小倉大都 (トランペット)

渋谷・代々木・新宿・高田馬場・溝の口・登戸・町田・吉祥寺・三鷹・千歳烏山・調布・下北...

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta