サイタ音楽教室トランペット教室 東京 久保忠トランペット教室 レッスンノート 昨日はレッスンお疲れ様でした!...

昨日はレッスンお疲れ様でした!...

トランペット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

昨日はレッスンお疲れ様でした!

今回はリップスラーの練習と曲を通してタンギングや強弱の付け方などを練習していきました。
リップスラーでは、高音ほど段々と音を大きくする事に集中する事で、唇に力を入れすぎず演奏できるように練習しました。
タンギングについては、硬くなりすぎている傾向がありましたので、少し発音を緩めにするとちょうど良いタンギングに聴こえていましたので、その状態を維持して演奏できるように練習してみましょう。
また息の流れも止まらないように気をつけてあげるのも大事です。
フォルテやメゾフォルテ、メゾピアノなどの吹き分けについてはレッスン中に話した通りですので、その中で徐々に音量の差をつけられるようになれば大丈夫でしょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

東邦音大卒。作・編曲にカラオケ音源制作もする経験豊富で温かい先生

目的・種類別にトランペット教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今回は ・ペダルトーンからハイトーンまでのスラー ・曲練習 を進めました。 ペダルトーン練習は今後も取り入れていきたいと思いますので、たまにでも練習してみましょう。 練習するときはチューナーを見ながら、音程が合うように、唇で緩めないように気をつけましょう。 曲練習では、ファ...

今回は ・リップスラーの練習 ・フィンガリング練習 を中心に進めました。 リップスラーはよく動けていましたので、ちょっとずつでも慣らしながら練習してみましょう。 指の練習については、特に薬指の動きが遅く、中間音が入りがちですので、素早く動くよう意識して練習しましょう。

今回は ・楽器の構え方 ・楽器の吹き方 ・唇、息、舌の使い方のバランス のお話をさせていただきました。 焦らずに気楽な気持ちで練習していきましょう。

今回は ・ド〜高いドの音階練習 を中心に進めました。 音自体は前回よりも綺麗に伸びていましたので、そのまま高音へシフトしていけると良いです。

今回は ・ペダルトーン、ハイトーン練習 ・スラー、リップスラー練習 ・曲の練習 をしました。 大変な練習ばかりでしたが、音は良く出て綺麗だったので、たまに普段の練習にも取り入れて見ましょう。 曲も前回よりもトランペットらしさが出るようになっていて良くなっていました。

レッスンノート ページ先頭へ

トランペット情報

サイタのトランペット講師がブログを通して、トランペット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

トランペットの先生

@TrumpetCyta