音楽教室ボーカルスクール声楽レッスンノート 【体験】ヒアリング・ガイダンス、姿勢や呼吸の基礎、Caro mio ben

【体験】ヒアリング・ガイダンス、姿勢や呼吸の基礎、Caro mio ben

声楽教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は体験レッスンのご受講、ありがとうございました。初めての声楽で、それもまだ高校生。初々しい感じが、私にとってとても懐かしく、また新鮮でした。とにもかくにも、今日はお疲れさまでした!

当教室では、このように、レッスン後にレッスンノート(匿名の公開制)をお送りします。受講生本人に向けて書いておりますが、お母様・お父様にも積極的にシェアしてもらいたいなあと思います。

今日の体験レッスンでは、まずは今後の受験に向けての色々な(志望動機、目標、現状など)ヒアリングを行った後、軽く姿勢や呼吸の確認や発声をしたり、「Caro mio ben」を歌ってもらったりしました。

あらかじめアンケートでうかがっておりましたが、音楽教師になりたいという夢は、大変素晴らしいことだと思います。音楽は心の保湿剤ですから、それを将来生徒に実感してもらったり、また音楽を通して人生を豊かにする “ きっかけ ” を与えられる、そんな素敵な先生を目指していただきたいと思います。

今日やった姿勢と呼吸の基礎では、無理のない自然な立ち姿で歌うということや、腹式呼吸と胸式呼吸の違い、腹式呼吸を意識するの重要性などを知っていただきました。実際にS----と息を吐いたときも、圧力のある元気な呼吸でとても良かったです!やはり、吹奏楽をやっているだけの賜物だと思いました。これから、(仮に入会されたら)より丁寧に詳しく見ていき、よりコントローラブルな呼吸を目指していきましょう。

その基礎の後は、軽く発声してからイタリア歌曲「Caro mio ben」へと入っていきました。翌日に学校の音楽テストで歌うとのことでビックリしましたが、とても良い仕上がりでした。声はきちんと出ていたし、度胸もあり、何より歌が好きだといった思いも感じられ、聴いていて思わず嬉しくなりました。イタリア語も、多少気になるところはありましたが、現時点における大きな問題はありませんでした。気を付けてもらいたいのは、ブレスの位置です。括弧付きブレスでも、慌てずに吸うようにしましょう。そして明日のテストで一番大切なことは、うんと恋の気持ちを表現することです。前奏のうちから恋の世界は始まります。いや、前奏の “ 前 ” からかもしれませんね。もう一度歌詞をよく読んで、本番ではうんと気持ちを入れて歌い上げてみてくださいね。あまり緊張しなさそうな感じがしましたが、仮に緊張してしまったら、今日のレッスンできちんとやった!ということを思い出して、自信を持って歌ってほしいなあと思います^^

さて、ここから少し現実的なお話を書き加えておきたいと思います。心に痛いかもしれませんが、今後の進路の参考にしていただきたいと思います。

夢は決して諦めてほしくないですが、音楽の教師以外にも予備の道を考えておくと良いと私は考えます。というのも、(ご存知かと思いますが)音楽の正教員になることは大変難しいというのが現実だからです。これから日本の教育体制がどう変わっていくは分かりませんが、少子化のことも考えると、音楽教師は肩身が狭く、難易度の高い道となると思います。詳しいデータ等は、ご自身の力でもどんどん調べていただきたいですが、乗り越えていくには大きな覚悟と熱意が必要であることは確かです。まだ高校一年生ですので、先のことを考える時間があります。音楽にかかわる仕事は是非目指してほしい!というのが私の本心ですが、今のうちは、音楽の道も含めた上で幅広い視野で将来を考えてもらいたいなあと思います。

以上、既に知っていて耳にタコかもしれませんが、一応お伝えしました。今日、既に覚悟を決めてやっているとうかがいましたが、それはそれで素晴らしいことだとも思っています。決意が固いのでしたら、このまま真っ直ぐ夢に向かって精進していただきたいと思います。逆に、まだ(本当は)覚悟ができていないのなら、色んな可能性を考えつつ、とにかく今は音楽の勉強は絶え間なく続けてほしいと思います。吹奏楽も必ず糧となると思うので、是非是非全力投球してくださいね♪

今日は素敵な歌声をありがとうございました!将来が楽しみになるような明るい声でした。高校時代の私に「お前とは違うで聴いてみろ!」と言ってやりたいくらいです(笑) これから磨きをかけることで、もっともっと魅力的な声になっていくことでしょう。今後の成長をお祈りいたします。
このレッスンノートを書いたコーチ

音大の大学院にて日本歌曲の研究に専念。歌う愉しみを伝えるレッスン

レッスンノート ページ先頭へ

声楽情報

サイタの声楽講師がブログを通して、声楽情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

声楽の先生

@SeigakuCyta