サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート 体幹でバランスを取る

体幹でバランスを取る

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
違和感の原因をはっきりさせ、一つずつ解決していきました。

1 背中と腰
  腰が反っている、という自覚がなくても、背中が力んでいたら、同じようなことになってしまいます。
  足の真上にお尻、の位置関係を崩さないようにしたまま、頭、肩、背中と順に丸めていき、肩甲骨と肩甲骨の間を広げる。
  股関節を意識して小さく足踏みをしながら、上体をゆっくりと戻す。
  
  背中を緩めてから走ると、太もも裏に感じるツッパリ感は消えました。

2 体幹でバランスを取る
  ①両腕を体側に固定し、足踏みをします。
   お尻を高く引き上げると、おへその下がピンと張った感じになりますが、その張った感じのまま足踏みをします。
   足が地面に左、右、左、...と着いても、体重を地面にドンと乗せないつもりで動きます。
   土踏まずで地面を軽くタッチするようなイメージです。
  ②①の足踏みから少しずつ進みます。
   前に行こう、というよりも股関節の動きを意識して太ももを動かします。
   脇が開いていかないようにしておきます。
   腕が制限されてしまうと、体幹のみでバランスを取ることになるので、結構難しいです。

3 股関節と接地
  ①上り坂を使いました。
   膝を胸に引き付けるつもりでしっかり引き上げますが、手前に(お尻の真下)引き戻して接地します。
  ②平らなところで
   前脚は膝を引き付けるように太ももを引き上げる。
   後ろ足の重心移動で進む、をリズムを速くして行いました。

4 ジョグ
  1,2,3の動きを挟みながら走りました。
  太もも裏のツッパリが解決し、ふくらはぎのしんどさが解決し、と一つ一つ順に解決しながら進み、最後は軽く楽に走ることができました。
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 体の使い方がちょっと変わるだけで、痛くなくなったり、進みやすくなったり、いろんな変化があるのを体感できたと思います。 1 腰の安定と太ももの動き   太ももを動かすときに、お尻がクネッと動かないようにすることを確認しました。   ①柱に背中をくっつけて、腰を押し...

お疲れさまでした。 股関節の動きをトレーニングしました。 1 重心の位置を確認   緩い上り坂を使いました。   ①踵ではなく、土踏まず~拇指球辺りに体重を乗せます。   ②お尻をクネッとする動きは使わず、股関節のみで太ももを動かします。   ③②の太ももの動きで足踏みをし、少...

お疲れさまでした。 体幹で手足(末端)の動きをコントロールすることをトレーニングしました。 1 体幹   ①バランス    直線歩行をやりました。    左を動かそうとするときに、右お尻外側に体重が乗るのを防ぐため、おへその下の横部分を意識し、土踏まずを踏みつぶすようなイメージを...

お疲れさまでした。 股関節をしっかり使い、ストライドが伸ばせるようにしていきました。 1 股関節の動き   ①前脚は、太もも付け根で折り畳むようなイメージで動かし、後ろ足の重心移動で進みます。   ②脇を締め腕を体側に固定た状態で動くと、股関節だけで動かせているのか、腰の捻りも入っ...

お疲れさまでした。 股関節がしっかりと使えるようになれば、足で頑張らなくても自然とスピードが上がるということが体感できたと思います。 1 体幹でバランスをとる   股関節をしっかりと使うためにやりました。   ①脇を締め、両腕を体側にくっつけて胴体と一体とし、足踏みをします。  ...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta