サイタスポーツ教室ランニング教室 大阪 ランニングクリニック シカ レッスンノート おなかの力

おなかの力

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
走る時の姿勢が、先週よりもずっと良くなっていました。

1 おなかの力にスイッチを入れる
  仰向けに寝て、おへその下の方をグッと床に押し付けるように力を入れました。
  おなかがポコッとふくらむのは間違いで、固くなってへこむのが正解です。
  
2 直線歩行
  お尻は動かさないで、股関節の動きだけでひざを引き上げます。

3 スキップ
  お尻はできるだけ高いままで。
  ひざは軽く曲げるだけ。
  
4 もも上げ
  脚を体の前で動かします。(後ろでけり上げない)
  つま先は使わないで、足の裏全体を地面にバンっとつきます。

5 ショートスプリント
  斜め上に向かって、お尻を高く引き上げて走ります。

6 500m×6
  折れ曲がらずに良い姿勢が取れていたので、向かい風がきつくても、風をグイグイ押して走れました。

どの動きも、先週よりも上手になっています。
家でやる時は、1のおなかの力は、いっぱいやる必要はありません。
走る前などに、準備運動的に少しやってスイッチを入れるだけで十分です。
2の直線歩行や先週やったランジなどは、走る前に準備運動として少しやるといいでしょう。
その他のものは、またレッスンの時に一緒にやりましょう。 
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

新着レッスンノート

お疲れさまでした。 ストライドを小さ目にコントロールし、重心の真下で接地しよう、というのは、すでに意識されていましたので、その状態をつくりやすくすることを考えていきました。 1 ジョグ 2 太ももの内側   土踏まずで真下を踏む足踏みをする。   太ももの内側を意識すると、土...

お疲れさまでした。 ジョグの質が一段上がったような感じです。 1 ジョグ   スピードに乗って走っている時は、脚が体の後ろで動いてくれて上下動も小さいのですが、ゆっくりだと、脚が体の前で動く感じになり、1歩1歩左右に乗っている感じになってしまいます。   今日は、この点を改善するた...

お疲れさまでした。 腰(お尻)に違和感を感じている状態からのスタートだったので、まずは違和感を解消していくことを考えました。 1 ウォーク→ジョグ   土踏まずでお尻の真下を踏む足踏みをします。   足踏みのリズムを速くしていきます。   腰の位置を少しずつ前へ移動させていき、進...

お疲れさまでした。 楽にスピードに乗れました。 脚が回る感覚もわかってきたと思います。 1 ジョグ   先週の、走り始めの動きと比べると、接地が格段に良くなりました。   地面にベタっと乗ってしまうことが無くなり、軽い接地ができるようになりました。 2 上下動を抑える  ...

お疲れさまでした。 腰の高さを保ったまま太ももを引き上げることができるようになり、加速がよりスムーズになりました。 1 太ももの動きと腰の安定   腰が位置を高くキープしたまま、太ももを引き上げる動きです。   ①重心を後ろより(踵で踏むぐらい)に乗せた状態でもも上げをします。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta