サイタスポーツ教室ランニング教室 東京 修造ランニング教室 レッスンノート 「体幹意識「姿勢」「お尻の働きを意識」をレッスンしました

「体幹意識「姿勢」「お尻の働きを意識」をレッスンしました

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

久々のレッスンでしたので、ランニングの基礎を確認して、一緒に走りながらフォームチェックをしました。

■ランニングフォームチェック
一番気になったのは、身体の軸より脚が前に出過ぎる点です。
それに対し、身体の軸より後ろ側で脚が使えていません。

改善に
・「体幹意識「姿勢」をもう一度確認する
・「お尻の働きを意識する」ことにより身体の軸より後ろで脚を使えるようにする
をレッスンしました。

1.体幹意識
(1)ドローイングによる体幹意識
 ①立ち姿勢を作ります
 ②息を吸いお腹を膨らませます(5カウント)
 ③息を吐きながら、お腹を凹ませ、
  肋骨を引き上げるイメージで腹筋を緊張(5カウント)
 ④息を止めて、腹筋の緊張をキープします(10カウント)
 ⑤上記②~④を3セット行います

(2)お尻の意識
 ①立ち姿勢を作ります
 ②お尻の肉を寄せるように力を入れます
  ※力を入れると骨盤(腰)が少し前に出ます
 ③力を抜きます
  ※骨盤が元の位置に戻ります
 ④上記②~③を繰り返します

(3)丹田の意識
 ①立ち姿勢を作ります。
 ②お尻の肉を寄せるように力を入れます
  ※力を入れると骨盤(腰)が少し前に出ます
 ③お腹を凹ませながら、お尻の力を押し返します
 ④お尻の力とお腹の力でバランスを取り下半身を安定させます
 ⑤おヘソの下の奥(丹田)に意識を置きます

2.姿勢
(1)立ち姿勢
 ①足裏は「拇指球」「小指球」「かかと」の3点を意識して均等に体重を
  乗せるイメージ
 ②ももは内側にタオルを挟むイメージで軽く締めます
 ③お尻の肉を寄せるように力を入れます
  ※力を入れると骨盤(腰)が少し前に出ます
 ④お腹を凹ませながら、肋骨を上に持ち上げます
  ※お尻を締める意識と下腹部を締める意識で下半身カのバランスをとります
 ⑤肩を後に引きます
 ⑥背骨が反るのでお腹上部を凹ませ、背骨の反りを押さえます
 ⑦頭は上から紐で引っ張られているイメージで上に伸ばします
 ⑧顎を軽く引きます

(2)ランニング姿勢
 ①立ち姿勢を作ります
 ②立ち姿勢をキープしたまま体の表面に筋肉を緩めるイメージです
  ※丹田の意識はキープ
 ③その場で足踏みウォーキングして身体の表面をリラックスさせます

3.お尻の働きを意識
(1)壁を使ったトレーニング
 ①壁の前に立ち、両手を壁につく
 ②右足を軽く上げながら重心を前に出す(左股関節を動かす)
  ※左お尻が使われる
 ③右足を戻しながら重心を戻す
 ④上記②~③を繰り返す
  ※左お尻を使った感覚が残る
 ⑤逆の足も同様に行う
このレッスンノートを書いたコーチ

90→61kgに減量しフルマラソン完走!ランニングの楽しさお伝えします

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 ウォーキングのフォームをチェックしました。 ご自身でも工夫しながら、脛に負担がかからない歩き方を見つけたようですね。 上体に軽い前傾が入った、良いフォームです。 前傾はご自身が感じている程には、前に倒れていないので、今の感じでOKです。 ...

レッスンお疲れ様でした。 今回は初めてのレッスンでしたので ・ヒアリング ・ランニングフォームチェック ・ランニング基礎のレッスン を行いました。 ■ランニングフォームチェック 普段からの姿勢で骨盤が後傾しています。 骨盤が後傾すると股関節(お尻)を使った走りがし難...

レッスンお疲れ様でした。 今回は身体の動きも良く、一緒に走っていて呼吸も乱れも感じられなかったので、2㎞を3本の計6㎞を走りました。 ウォーキングを入れると7km近い距離になりますので、良い運動量です。 筋トレと有酸素運動をバランスよく出来ているようでとても良いです。

レッスンお疲れ様でした。 湿度は高めでしたが、雨も降らず、ウォーキングには丁度良い気候でした。 継続的に身体を動かすことは大事ですので、今回も多目に歩きました。 体調は相変わらずの様でしたが、悪化していないのでしたら、ウォーキングは継続していくのが良いと思います。 少し...

レッスンお疲れ様でした。 少し蒸し暑かったですが、走り易いコンディションでした。 ウォーミングアップをしながら、姿勢、股関節(お尻)の意識を確認しました。 ウォーミングアップのペースも自然に上げっていき、骨盤を引くことで重心が前にスーと移動する感覚を掴めたようですね。 良い...

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta