スポーツ教室ランニング教室レッスンノート おなかの力

おなかの力

ランニング教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れさまでした。
『膝から下、主に足首の蹴りで推進力を得て走る動き』を、『体幹部分で推進力を生み出し、足がそれを地面に伝えることで走る動き』につくりかえていくことを、長期的な目標とし、
まず第一段階として『おなかの力を使うこと』を重点的に行いました。

1 直線歩行
  おへその下あたりをグッと引っ込めるような感じでおなかに力を入れる。
  頭の上から糸で引っ張られているような感じで、まっすぐ上に伸びる姿勢をつくる。
  その姿勢をキープしたまま、片方の膝をゆっくり引き上げ、もう片方の足のつま先の前にゆっくり下す。
  動きの途中でおなかの力が抜けないように注意します。

この後にやったジョギングでは、つま先だけの接地ではなく、フラットな接地ができており、足首の蹴りだけに頼らない走りができていました。

2 ランジ
  直線歩行と同様の姿勢から、体重を前にかけていくことで、体を前に倒していき、脚を出します。
  この時、仙骨あたりを後ろから押されるようなイメージで、お尻ごと前に水平に移動することがポイントです。
  脚の運びと上体の移動を同時に行います。
  おなかの力が抜けると、反ったり、前屈になったりするので、おなかの力が抜けないように注意します。

3 ジョギング
  足首の蹴りに頼らないジョギングができるようになりました。
  今は、まだお尻や太ももの力をうまく使うことができていませんが、お尻の位置をもう少し前でキープできるようになれば、太ももで蹴る動きができるようになってきます。
  
  
このレッスンノートを書いたコーチ

国体の山岳種目で優勝4回!大阪国際女子マラソンなど有名大会で好成績も

レッスンノート ページ先頭へ

ランニング情報

サイタのランニング講師がブログを通して、ランニング情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ランニングの先生

@RunningCyta