音楽教室ピアノ教室レッスンノート ペダルに挑戦

ペダルに挑戦

ピアノ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ハノンの指練習では、いつものリズム変奏をした後にスピード上げて弾いてもらいました。
これまではゆっくり確実に弾いてくれているので、スピードを上げてもつまずくことも少なく、スムーズに進めれました。
順調に進めれているため、次の練習曲にも進みました。楽譜を今回初めて自分で読みとって弾いてもらいました。音階もしっかりと読めるまでになってくれていました。
指使いや音階の間隔等は同じことの繰り返しになり、音を一段一段上って下るだけの単純なことですが、弾く指が変わることで難しくも簡単にもなります。
その変化を味わってもらいました。今日行った曲は下りが難しいようで、片手で練習しましたが、次回は両手でチャレンジしてもらいます。
エリーゼのためにでは、久々に弾くこともあり指の動きがぎこちないところもありましたが、今日はスピードを全体的に早めて弾いてもらいました。
ゆっくり確実に練習してきたこともあり、音が抜けたりリズムが転んだりといった大きなつまずきはなく、今後も今日くらいのスピードで慣れてもらうようにします。難しい部分は逆にゆっくりから練習し、慣れてきた頃にスピードを上げて全体に追い付いていけるようにしたいと思います。
今日はペダルを使って弾いてもらいましたが、上げるタイミングより踏むタイミングを意識し、感覚を掴んでもらいました。
イメージが出来ていたのか、凄くスムーズでしたので、音が濁らないように意識することも伝え、今後益々出来ることが増えていくのが楽しみに感じました。
このレッスンノートを書いたコーチ

初心者・お子様歓迎!内に秘めた想いを伝える楽しさをお教えします

中谷ピアノ教室
中谷美菜 (ピアノ)

三ノ宮・西明石・東加古川

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ情報

サイタのピアノ講師がブログを通して、ピアノ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノの先生

@PianoCyta