サイタ音楽教室弾き語り教室ピアノ弾き語り 東京 クラプリンのきらきらピアノ弾きレッスン レッスンノート コードをそのまま理解するだけではなく広げていく事がもっとも大切。

コードをそのまま理解するだけではなく広げていく事がもっとも大切。

ピアノ弾き語り教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

コードネームをそのままジャーンと弾くのではなく、そこから自分なりに展開を理解して広げていく事が大切です。今日、やったみたいに、ワンコードの時の展開バリエーションだったり、シンプルなマイナーコードだと思っている箇所も、実は、ブルースのセブンスのイメージで理解する事が出来ると、同じコードのループでも、マイナーなメロディーから、違う展開の明るいメロディーをいきなり付けて変化していく事も可能です。
また、同じメロでも繰り返し回では、違うコード展開で、より、メロディーの良さをアピールしていく事も可能です。多くのヒット曲といわれる作品は、そのあたりがよくアレンジされています。耳コピして、その仕組みを知ると、実はパターンがある程度、同じだったりする事が理解することができます。
このレッスンノートを書いたコーチ

ドリカム他、100以上のアーティストと共演!CMやTVにも楽曲を提供

新着レッスンノート

前回の課題であったゆったりとしたテンポ感が、とても良く表現出来る様になりましたね。 これを理解し実践する事は、実はなかなか難しい事なんです。 心に沁み入る楽曲が多いので、お客さんも、心地よく聴く事ができるはずです。演者自身の自己満足ではないお客さん目線での感覚を理解し掴んで、表現している事...

レッスンお疲れ様でした。 ピアノと歌のグルーブ感とテンポ感を考えてみました。ピアノをたくさん練習すると早く弾けるようになり、結果、どうしてもリズムが走ってしまったり、どんどん速くなってしまったりしてしまいがちです。 ゆっくり弾いたり、ゆっくり歌うことの方が難しいですが、聴いているお客さんは...

今日は、ライブ本番に向けて、曲順で流れと、さらに、細かいチェックをしていきました。弾き語りの時のマイクの距離、モニターの返し、音質、リバーブ感のリクエストの仕方。楽しい曲のエンディングと、次に繋がるしっとりバラードとのメリハリ。2拍3連の歌い方感覚。強く出てしまいがちな言葉、発音を気をつける。...

今日は、ヴォーカルディレクションを中心にアドバイスをさせていただきました。歌詞の大切な言葉とチカラを抜く箇所のメリハリ、言葉と言葉の間(ま)であったり、タメ、音の長さ、切るタイミング、ファルセットの感覚、そして、ライブであれば、曲の流れ、表現のつけ方、さらに、歌っている時の表情までお客さんに届...

クラシックの譜面と違い、ポップスの市販されている譜面って、音源をそのまま解読してる感満載で、よくよく見るとすごく難しい右手と左手の使い方になっていたりする事があります。今日は、そんな譜面を、自分流に簡単にして弾く方法を、五線紙に書き写しながらやってみました。動画で撮ったコーチの弾く手元、指使い...

レッスンノート ページ先頭へ

ピアノ弾き語り情報

サイタのピアノ弾き語り講師がブログを通して、ピアノ弾き語り情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ピアノ弾き語りの先生

@PhikigatariCyta