Web・デザインスクールInDesign教室レッスンノート フレームグリッドとテキストフレーム

フレームグリッドとテキストフレーム

InDesign教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

InDesignではドキュメントを作成する場合、レイアウトグリッド設定とテキストフレームを使用するマージン設定の2種類があります。レイアウトグリッド設定(フレームグリッド)は、テキストを流し込むフレーム自体に書体の基本的な情報が決められているので定型でレイアウトする場合には効率的です。ただし、ベースになる基本設定を元に作業を進めることになりますので、テキストフレームを使用する場合よりも直感的な自由度が制限されます。
どちらを使うかは、作成するものによって判断されれば良いと思いますが、混在させる事は、使い勝手としてメリットは少ないように思います。
その他の操作に関しても、これが正解というものはなく、関わられる仕事の上で効率的に進められることを基本に、道具のひとつと考えて自分の使い易いように、自分に合った使い方を見つけて行くのが良いと思います。
いままでのご経験を活かして自信を持って進んで下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

実務10年以上!会社案内、カタログのデザインも手がけた先生

レッスンノート ページ先頭へ

InDesign情報

サイタのInDesign講師がブログを通して、InDesign情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

InDesignの先生

@DTPCyta