Web・デザインスクールInDesign教室レッスンノート Photoshop|選択範囲と合成写真の作り方

Photoshop|選択範囲と合成写真の作り方

InDesign教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした。

今日は作成していたマニュアルの最終確認をしました。
短い時間で、しっかり完成されていましたね。
すばらしいです!

最後の仕上げということで、まずは表示されていたエラーの確認方法から説明しました。
画面下部に表示されていたエラーの表示部分をダブルクリックすると、その内容を確認できます。
今回は、テキストがテキストフレーム外にあふれていたエラーがほとんどでした。
確認したところ、ほとんどは改行キーが原因だったと思います。

それからPhotoshopの切抜き処理と合成写真の作成方法を練習しました。まずは必要な部分のみを選択する方法をマスターします。
選択にはマウスをドラッグしてエリアを選択する長方形選択ツールや楕円形選択ツールやマウスを自由動かしてその部分を選択する多角形ツールやなげなわツールがあります。
Photoshopはピクセルといわれる小さな色のパネルが集まって図形を表現しています。上記のツールは、マウスを移動したエリア内のピクセルを選択するツールです。
これらのツールとは別に、色の違いで選択する自動選択ツールとクイック選択ツールがあります。
クイック選択ツールはマウスをドラッグし、その部分と似ているピクセルを自動的に選択します。この時ブラシの太さを太くしたり細くしたりすることで選択する範囲が変わってくるので調整してください。ドラッグするごとに選択範囲が増えていきます。
自動選択ツールは、マウスをクリックした位置と同じような色を自動的に選択します。選択の範囲を調整するには許容値の値を変更します。
この数値をあげていくと選択する範囲が広がり数値が下がると選択範囲が少なくなります。自動選択ツールは、クリックするごとに新しく選択範囲を指定します。追加する場合はシフトキーを押しながらクリックするか、コントロールパネルで選択範囲を追加ボタンを押しておいてください。
今回は背景が白の画像だったので、自動選択ツールで背景を選択しておきその後「選択」メニューから「選択範囲を反転」を選んで人物のみを選択しました。

切抜き(背景の白い部分を削除すること)には、いろいろな方法がありますが、今回はレイヤーマスクを利用しました。
選択している状態でコントロールパネルににある「境界線を調整」ボタンを押して、微調整を行います。
その後「出力先」を「レイヤーマスク」にすると、背景が透明になった状態の画像になります。
このレイヤーマスクは、写真を必要な部分だけ型抜きするようなものです。今回は選択した部分で型抜きしたと思っておいてください。
この型抜きしたデータは「チャンネル」パネルに残っているので、後から変更を加えることも可能です。今回も少し選択できていなかった部分があったので、後から調整しましたね。

画像の合成は、選択をしたものをコピー&ペーストすることによって作成します。ただし、注意していただきたいことは、画像の解像度を揃えておくということです。解像度が大きく異なるとペーストした時にサイズが大きく異なります。今回は、もともと画像のピクセル数がとても違っていたので、少しでも近づくように大きな画像の解像度を必要な分までさげておきました。
解像度を変更するのは「イメージ」メニューの「画像解像度」で行います。
また、色味も少し違っていたので後からトーンカーブで修正を行いました。この時、変更したい部分のみ(今回は女性のみ)を選択しておかないと全体の色が変わってしまうので注意してください。
トーンカーブは中央部分を上にひっぱると全体的に明るい画像に、下にひっぱると暗めの画像になります。
今回は右側の部分(ハイライト=明るい部分)を上に、左側の部分(シャドウ=暗い部分)を下に移動させて、S字のカーブを描きました。
こういったカーブはコントラストを強めた画像になります。

Photoshopは今回初めて作業をしたので、大変だったと思います。
しかも、選択範囲と画像解像度、色調整といった最も難しい部分を一気に説明しました。
選択範囲や色調整は、ひとつひとつの画像によって最適な操作が異なるので、いろいろ操作をして慣れていってください!
このレッスンノートを書いたコーチ

商社での指導や雑誌作成経験!セミナー講師も務めるベテランの先生

タグチ・DTPスクール
田口奈緒子 (InDesign)

名古屋・金山・千種・栄・伏見・新栄町・今池・池下・覚王山・本山・星ヶ丘・一社・久屋大...

レッスンノート ページ先頭へ

InDesign情報

サイタのInDesign講師がブログを通して、InDesign情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

InDesignの先生

@DTPCyta