サイタ語学の習い事フランス語教室 兵庫 あきよのフランス語教室 レッスンノート 補語人称代名詞(直接目的格)/il y a

補語人称代名詞(直接目的格)/il y a

フランス語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンありがとうございました!

1)数字
・1〜29までの復習
・30〜69までの学習

2)プリント Exercices 64-1
・apprendre:学ぶ(活用は prendre と同じ)
・mettre:置く(je mets, tu mets, il met, nous mettons, vous mettez, ils mettent)
・un billet(ビエ):切符
・un journal(ジュルナル):新聞
・人称代名詞 le, la が母音で始まる語の前にくると、エリジオンして l' となることに注意してください

3)Leçon 8
a) il y a
・「〜があります」という表現。後ろは単数名詞でも複数名詞でも可
・否定形:il n'y a pas(イルニアパ) 音で覚えてしまいましょう
・「(時間)前に」という表現にも使われます(例:il y a trois jours 3日前に/il y a une semaine 1週間前に)
・後ろに不定冠詞、部分冠詞が続くとき、否定形では「否定の de」に変わります

b) 動詞
・connaître:知っている(je connais, tu connais, il connaît, nous connaissons, vous connaissez, ils connaissent)
・devoir:英語の must にあたり「〜しなければならない」「〜に違いない」2つの意味を持ちます。devoir の後には動詞の不定形がきます(例:Je dois chercher des livres. 本を探さなければならない/Je dois écrire une lettre. 手紙を書かなければならない)
・「〜しなければならない」には Il faut ... という表現もあります。falloir という非人称動詞で、主語は il しかありません。

4)男性形と女性形を持つ名詞
・名詞はふつう、男性名詞か女性名詞かのどちらかですが、職業名など、男性形と女性形をもつ名詞もあります(例:étudiant, étudiante / Japonais, Japonaise)

5)所有形容詞 son, sa, ses の注意点
・son, sa, ses は次に続く名詞の性数によって使い分けます。所有者の性別は関係ありません。したがって son livre は「彼(女)の本」、sa maison は「彼(女)の家」で、文脈がないと所有者の性別はわかりません

6)宿題
・数字 1〜69の復習(テキストP.78)
・プリント Exercices 64-2
このレッスンノートを書いたコーチ

通訳ガイドの資格も保持!多くの初心者を教えた先生が、躓きポイントを解説

新着レッスンノート

Merci pour ce cours ! お疲れ様でした。 宿題が毎回いろいろとありますが、よく頑張っていただいていますね! 今日は暗唱を元にした会話練習と、疑問詞を使った練習問題の答え合わせを中心に行いました。 また、新しい会話テキストは、一度だけ発音を聞いた後、ご自身で読ん...

Merci pour ce cours ! お疲れ様でした。 本日は PE Activité 3 の P.85-7番 作文の後半を添削しました。 新しい語彙とくに時事問題に関する用語も少しずつ増やしていきましょう。つなぎの言葉や、副詞を適宜入れることで、論理の流れを良くしたり、ニュ...

Merci pour ce cours ! お疲れ様でした。 数字は91-100まで学習しました。 宿題の暗唱、頑張っていただいていますね!今日は一歩進んで、会話文の中の単語を入れ替える練習もしてみました。 新しい文法事項としては、さまざまな疑問詞と、それを使った疑問文の作り...

Merci pour ce cours ! お疲れ様でした。 まず宿題の練習問題の答え合わせをしながら、疑問詞の使い方と、代名詞 y の使い方を復習しました。 (qu')est-ce que の後には必ず SV がくることに注意してください。 テキスト Leçon 17 に進み、...

Merci pour ce cours ! お疲れ様でした。 本日は PE Activité 3 の P.85-7番 作文の前半を添削しました。 まずは第1ステップとして、基本語の綴りミスをなくすこと、名詞と形容詞の性数一致、文法的に品詞を正しく選ぶこと、を目指します。 特に綴りは...

レッスンノート ページ先頭へ

フランス語情報

サイタのフランス語講師がブログを通して、フランス語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フランス語の先生

@FrenchCyta