語学の習い事フランス語教室レッスンノート 補語人称代名詞(直接目的格)/il y a

補語人称代名詞(直接目的格)/il y a

フランス語教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンありがとうございました!

1)数字
・1〜29までの復習
・30〜69までの学習

2)プリント Exercices 64-1
・apprendre:学ぶ(活用は prendre と同じ)
・mettre:置く(je mets, tu mets, il met, nous mettons, vous mettez, ils mettent)
・un billet(ビエ):切符
・un journal(ジュルナル):新聞
・人称代名詞 le, la が母音で始まる語の前にくると、エリジオンして l' となることに注意してください

3)Leçon 8
a) il y a
・「〜があります」という表現。後ろは単数名詞でも複数名詞でも可
・否定形:il n'y a pas(イルニアパ) 音で覚えてしまいましょう
・「(時間)前に」という表現にも使われます(例:il y a trois jours 3日前に/il y a une semaine 1週間前に)
・後ろに不定冠詞、部分冠詞が続くとき、否定形では「否定の de」に変わります

b) 動詞
・connaître:知っている(je connais, tu connais, il connaît, nous connaissons, vous connaissez, ils connaissent)
・devoir:英語の must にあたり「〜しなければならない」「〜に違いない」2つの意味を持ちます。devoir の後には動詞の不定形がきます(例:Je dois chercher des livres. 本を探さなければならない/Je dois écrire une lettre. 手紙を書かなければならない)
・「〜しなければならない」には Il faut ... という表現もあります。falloir という非人称動詞で、主語は il しかありません。

4)男性形と女性形を持つ名詞
・名詞はふつう、男性名詞か女性名詞かのどちらかですが、職業名など、男性形と女性形をもつ名詞もあります(例:étudiant, étudiante / Japonais, Japonaise)

5)所有形容詞 son, sa, ses の注意点
・son, sa, ses は次に続く名詞の性数によって使い分けます。所有者の性別は関係ありません。したがって son livre は「彼(女)の本」、sa maison は「彼(女)の家」で、文脈がないと所有者の性別はわかりません

6)宿題
・数字 1〜69の復習(テキストP.78)
・プリント Exercices 64-2
このレッスンノートを書いたコーチ

通訳ガイドの資格も保持!多くの初心者を教えた先生が、躓きポイントを解説

あきよのフランス語教室
水間あきよ (フランス語)

梅田/大阪・芦屋・摂津本山・住吉・三ノ宮・元町・神戸・十三・園田・塚口・武庫之荘・西...

レッスンノート ページ先頭へ

フランス語情報

サイタのフランス語講師がブログを通して、フランス語情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

フランス語の先生

@FrenchCyta