サイタものづくり・手芸(クラフト)教室編み物教室 東京 ミズホの編み物サロン レッスンノート 透かし編みのレッスン

透かし編みのレッスン

編み物教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

透かし編みのハンドウォーマーを編み始めました。
右上二目一度、左上二目一度、かけ目のパターンを編み図で確認しながら編み進めてください。
今日のレッスンではとても良い調子に編めていましたので大丈夫だと思います。
途中で分からなくなったり、編み目がおかしくなったりしたらご連絡ください。
新着レッスンノート

前身頃と後ろ身頃の肩まで編めたので、脇のとじのレッスンをしました。 鎖編み3目と細編みでとじていきます。 模様が合うように注意します。 裾の縁編みは輪に一段編んでとじます

手袋は親指の目を拾い、編み出しました。 両脇に穴が開くようでしたら、仕上げの時に糸で塞ぎますのでそのまま編んでください。 縄編みははじめてのレッスンでしたが、編み図を見ながらスムーズに編めていました。 一目一目確認して進めましょう。 交差編みは、左右の向き、目数、表裏をしっかり確認...

まずはじめにご希望の作品のイメージを拝見し、必要な手順をご提案しました。 作品に必要な長編みと鎖編みのレッスンをしました。 左手の形が重要ですので、うまく進まないときは右手より左手の確認をしてみてください。 今日の編み方だけできればなんとかなりますので、次回までたくさん編んでみてください...

前回に引き続きかぎ針編みのベストを編みました。 後ろ身頃はお好みの長さまで編み進めてください。 段数を確認して、前身頃も同じ段数を編みます。 鎖編みからの細編みの拾い目は、裏山を拾っ手編みます。 雌牛がきちんととれていましたので、このまま編み進めます。、

前回ゲージを編んでいただいたので、目数段数の計算をして、かぎ針編みウエアの作り目から編み出しました。 目数が多いので、模様数が最後に合っているかどうか確認してください。 鎖編みの裏山をしっかり取ってください。

レッスンノート ページ先頭へ

編み物情報

サイタの編み物講師がブログを通して、編み物情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!