サイタものづくり・手芸(クラフト)教室編み物教室 東京 ミズホの編み物サロン レッスンノート 麻ひもバッグの続き

麻ひもバッグの続き

編み物教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

前回に引き続き麻ひもバッグの底部分を編みました。
各段の目数を確認しながら丁寧に編めました。
増目のところは目がきつくなりがちですので、糸をしっかり引き出すようにして目を作りましょう。
引き抜き目、一目めを見極められたらあとは大丈夫だと思います。
各段の目数を確認しながら進めてください。
新着レッスンノート

毛糸が足りなくなってしまったので、別の同系色の糸で衿ぐり、袖ぐり、裾の縁編みをつけました。 なじみもよくきれいに仕上がりました。

ラグランの袖を編みはじめました。 柄の始まりを編み図通りにして編みなおします。 脇にまでは増目、そのあとは左右で違いますので、減目を確認します。

セーターを編み始めました。 ペプラムの部分は目数が多いので作り目が大変でしたが、輪で編むのでスムーズに進められると思います。

ラグランカーディガンの袖の減目の確認をしました。 目数が違っているところは編み進めながら調整します。 反対側の袖は左右対称に編みます。

かぎ針編みのベストの肩をとじました 斜めになっているところをしっかり意識して、スムーズな斜線になるように仕上げます。 衿の縁編みはバランスよくつけられました。 袖口の縁編みは毛糸が足りなかったらつけなくても大丈夫です。 様子を見ながら編んで見てください。

レッスンノート ページ先頭へ

編み物情報

サイタの編み物講師がブログを通して、編み物情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!