サイタ音楽教室ベース教室エレキベース 大阪 ナニワエレキベース教室 レッスンノート スラップ奏法の入り口

スラップ奏法の入り口

エレキベース教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回は、レッドチリホットペッパーズの曲を使ってスラップ奏法の基本の出来具合を検証しました。特にこの曲は親指のサム(サンピング)の基礎奏法がモノをいいますが、概ね綺麗に迫力ある音を刻んでいました。しかし、16分音符の連続はキレが悪くなりやすいところでもあります。対策としてはピック奏法同様にサムもアップダウン出来るようにしておいた方が良いでしょう。近年は多くの楽曲に早いスラップフレーズが使われ始めていますので、この方法をマスターしておいた方が得策だと考えます。あとは開放弦を弾く時の左手のミュートもオーバーアクションになってリズムがもたらないように弦上5ミリくらいに待機して触れて確実な消音を心がけてください。残り時間はマルチエフェクターの使い方をレクチャーしました。
このレッスンノートを書いたコーチ

大手楽器店で講師歴20年!ジャンルを超えた楽しく分かりやすいレッスン

目的・種類別にエレキベース教室・レッスンを探す

新着レッスンノート

今回はエリック・クラプトンの曲を使ってスローバラードの弾くコツをレッスンしました。速度の速い曲では余り考慮しない弾く位置での音色の使い分けや、決め所のアクセントの付け方。また、重音の乗せ方など学ぶところは多いのですが譜面をよく見てタイミングをしっかり取れるように練習をしておいてください。ソロ部...

今回は、レッドチリホットペッパーズの曲を使ってスラップ奏法の基本の出来具合を検証しました。特にこの曲は親指のサム(サンピング)の基礎奏法がモノをいいますが、概ね綺麗に迫力ある音を刻んでいました。しかし、16分音符の連続はキレが悪くなりやすいところでもあります。対策としてはピック奏法同様にサムも...

今回はワンオクの課題曲をやってもらいました。非常に速度が速い曲ですが、慣れている曲なのかきちんと弾けていたと感じました。一部速いパッセージの部分は音が切れてしまう傾向がありますので、左手人差し指は押さえていなくても弦から離さないように心がけると綺麗に繋がるようになります。 次の課題曲はレッチ...

本日は椎名林檎の課題曲の仕上げ具合から拝見しました。前回説明した通りグリッサンドや重音の弾き方は右手と左手の形を整えてコントロールをしっかり定めて弾いてください。徐々に演奏の質は高くなっています。ゆっくりしたフレーズでは譜面に記載されていないヴィブラートを使うと効果的です。きちんと表現するには...

今回は椎名林檎の課題曲を使ってレッスンを実施しました。 ハイポジションにおけるベースソロには派手なテクニックを使うことが多いのですが、今回は17〜19フレットの二重音・三重音の押さえ方と右手のタッチと弾き方を中心にレッスンを進めました。 また、グリッサンドやハンマリング・プリングオフごのス...

レッスンノート ページ先頭へ

エレキベース情報

サイタのエレキベース講師がブログを通して、エレキベース情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

エレキベースの先生

@EBassCyta