サイタ音楽教室ドラム教室レッスンノート バンドの曲のリズムキープやリズムパターン。(体験レッスン)

バンドの曲のリズムキープやリズムパターン。(体験レッスン)

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日はバンドの曲のリズムキープやリズムパターンを練習しました。
リズムキープがうまく出来ない理由の一つにそのフレーズ自体が頭と体に染み込んでないのが考えられます。
スピードは問題ないのであとは正確さを見に付けましょう。
ゆっくりなテンポで100%間違えない気持ちで練習しましょう。
「練習は本番のつもりで、本番は練習のつもりで!」
の精神です。
左足の空ぶみやギターをよく聞くなどリズムキープの方法がいくつかありますので試してみて下さい。
フレーズが跳ねて聞こえたり、疾走感が出ないのはハイハットを四分で強く打ちすぎている可能性があります。
ベードラとスネアメインで演奏するようにしましょう。

今日はお疲れ様でした(^O^)/
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta