音楽教室ドラム教室レッスンノート ジャズスタンダード カウンセリング

ジャズスタンダード カウンセリング

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

︎カウンセリング
しっかりジャズしてました。良いと思います!
シャッフル感は良いのでジャズの前ノリのエッジの効いた感じとか音の使い分けとかを身につけながら、バリエーションを増やしていきましょう。

︎レギュラーグリップ
フィーリングや音圧に変化を出すために、レギュラーグリップとマッチドグリップを使い分けます。
今回説明した持ち方で親指側を軸にぶらぶらさせます。細かい時は人差し指中指を使いフィンガーコントロールします。大きく振る時は中指薬指でホールドして手首を捻りましょう。
チェンジアップでしばらく安定するように練習しましょう。
またレギュラーグリップの音の細やかさに合わせて右手もフレンチグリップ(親指が上)で叩いていきましょう。

︎ヒールダウン
バスドラムもヒールアップとヒールダウンでの踏み分けをしましょう。ヒールアップなだけで大分音圧や絞られて音色も変わるので思ってるよりはっきり鳴らしに行って大丈夫です。
打ち分けの練習をしました。

アクセントやフィーリングを使い分けてバリエーションを増やしていきましょう。
フレージングのバリエーションも同時に練習していきます!

お疲れ様でした!
このレッスンノートを書いたコーチ

ドラマー家系ならではのセンス。ジャズ~ブルースまで、女性の生徒さん多数

ドラムスクール・ポリリズム
水口彰太 (ドラム)

横浜・目黒・渋谷・新宿・新横浜・鴨居・町田・祐天寺・都立大学・自由が丘・白楽・東新宿

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta