音楽教室ドラム教室レッスンノート 2月17日ドラムレッスン

2月17日ドラムレッスン

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は
・セッティングの確認
・8ビートの基本練習
を行いました。

セッティングに関しては最終的には自分が叩きやすいポジションなら問題無いのですが、出来れば楽にドラムを叩きたいので、なるべく変な所に力が入ってないバランスの取れた状態で椅子に座れる方がよいと思います。
そうなると、椅子からどちらかの足だけが近かったり遠かったりするとバランスが悪くなってしまいますので、出来ればなるべく同じ距離に足が置けるように椅子やハイハットをセットしてみましょう。
キックペダルとハイハットの足の置く位置に関しては、キックペダルはあまり奥の方へ足を置くとビーターがスネに当たって非常に痛いので、少し手前を踏むようにしましょう。
その方が早く踏む時も踏み込む量が少なくなり楽に踏めるようになります。
ハイハットは逆に、そんなに早く踏む必要がありませんので、なるべく奥の方に足を置いて自然と体重が乗るようにしましょう。

8ビートのリズムパターンに関しては問題なく出来ていますので、次は少し大きい音を出す練習をしてみましょう。
体のなるべく大きいパーツを動かすことを意識したり、体が自然と起こしている回転運動を利用すると楽に大きい音で演奏出来るようになります。
ダイナミクスの幅が広がる程表現力にも差が出てきますので、大きい音も出せるようになりましょうね!

今日はお疲れ様でした(^O^)/
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta