サイタ音楽教室クラリネット教室 東京 クラリネット&バスクラリネット教室♪ レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●マウスピースについて
付属品のものとバンドレンという、会社の物を吹いてみて頂きました。
私は5RVライヤーというものを使っています。
M30というものも吹きやすいのでこちらも次回吹いてみてください

こちらを吹いている間に、ブレスがしっかりしてきて楽器にしっかりと息が入ってきました。
よく響く音をイメージして、たっぷりと吹いてみてください

●課題をやってみました
・半音階
使うと便利な指をお話して、一拍ずつ練習してみました。この一拍に慣れてきたら二拍ごと、4拍ごとに練習してみましょう。

・曲
マーチははっきりと弾むように吹いてみましょう。
こちらも指の確認をしながら、小節ごとに練習しました。
一気に全部吹くのではなく、少しずつを繰り返して指が迷わなくなるまで吹いてみてください♪

・ゆったりした曲
音域が変わる跳躍は、右手を押さえたままにしておくと音がつながりやすくなるところもあります。

●アンブシュア(口の形)など
少しだけ(1~2ミリ)深めに加えても良さそうです。
高い音を吹くときはベルを少し体に近づけて吹くと鳴りやすいです。

指もきちんとふさがっているか、確認しながら練習してみてください。レジスターキーで上がるときもリラックスして吹きましょう♪
新着レッスンノート

●音階 高いところまで指を確認しながらゆっくり吹きました。まずはゆっくりひとつひとつの音に息をしっかり入れるイメージで吹き込み、少しずつテンポを上げて吹きましょう。 ●音域が狭い範囲での音階も練習しました。 指がスムーズに動くように、メトロノームと練習してみてください。 アーティキ...

●組み立て方確認 ●リード 以前よりもコシのあるものを使われていましたので、音色が太くなり、落ち着いた音色になりました。 ●教則本 26-1〜4 タンギングをする場所、指の動かし方を中心に練習していきました。 音が繋がりにくいところは息を抜いてしまわずに、息とフィンガリングで...

●音階 C dur 1.2.4.7番 久しぶりでしたので、ロングトーンや音階を重点的に練習しました。 音階で付点練習をやり、均等に音を並ぶように気をつけて練習しました。 タンギング、きれいでした。 音が飛ぶところは間の音が混じらないように気をつけて、スラーがしっかりつながるように息...

●リードについて、セッティング 今お使いのリードとその前のリード、さらにその中間のリード(V12といいます)のお話をしました。 楽に息が入り、好きな音色で吹けるものを探して参りましょう リードの付け方(お話しそびれましたが、リガチャーはぎゅっと締めすぎないようにしてみてください)、調整...

●音階 H dur 暗譜で吹きました。 暗譜で吹きながら、アーティキュレーションをつけて練習してみてください。 発音の状態をゆっくり確認しながら吹くのも良いと思います。 ●教則本 32番 よく譜読みできていましたが、強弱をしっかりつけること、リテヌート加減を練習してみました。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta