音楽教室クラリネット教室レッスンノート クラリネットの基礎

クラリネットの基礎

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

息の使い方はとってもよかったので、いつも姿勢を気をつけていればとてもいい音が出ると思います。
アンブシュア(口の形)についても、いい音が出ていたので、前歯の位置や下唇などいい場所が自分の中でみつけていけたらいいですね。

タンギングでの舌の使い方も理解してもらえたみたいなので、あとは使い慣れると曲の中でも使えるようになると思います。

高音域の息の圧力は少し高度な技術なので、コツを掴むまでは難しいかと思います。でも、意識しているだけでも全く違うので、なんとなく頭に入れておいてもらえたら嬉しいです。

曲中の連符では、替え指が何個か必要になってくるので、いろいろな指を覚えていつでも使えるようにできるといいですね!

二拍三連の練習も、だんだん出来てきていたのでその調子で自然にできるまで頑張ってください!

今日のレッスンは、最初の方は緊張していたのか少し力が入ってしまっていたようですが、どんどんいい音になっていったのが印象的でした!クラリネット楽しい!という気持ちを忘れずに続けていって欲しいです♪
このレッスンノートを書いたコーチ

小澤征爾の若手育成プロジェクトに参加!あなたに合った楽器選びもサポート

鈴木遥クラリネット教室
鈴木遥 (クラリネット)

市川・本八幡・津田沼・稲毛・千葉・都賀

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta