音楽教室クラリネット教室レッスンノート B♭クラリネットレッスン♪

B♭クラリネットレッスン♪

クラリネット教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

部活の曲をレッスンしました。
●リードについて
リードが厚く→鳴っている部分が少なくなり→音量不足…につながっているようでした。対策を二パターン取りました。

・噛んで反応を良くするために
口の中に紙をいれて、少し厚いリードでも噛めるようにしました。少し噛むことと、ロングトーンをしながらクレッシェンドして、息のスピードと量を増やしてみました。

リードの反応が善くなり、鳴るようになりましたが、やはり長時間続けるのには少し大変そうです。

・リードを軽くして楽なアンブシュアに
型番を一つ軽くして、普段よりリラックスしたアンブシュアにしてみました。口が緩くなる分、アンブシュアの疲れが減り、音量も上がりました。

薄いと感じたら、リードを少しマウスピースにつける位置をあげて、口を緩めるようにしてみてください。合奏ではついつい思い切り吹くと思うので(笑)、普段のアンブシュアでは軽くなりやすいかなと思います。

●姿勢
楽器に乗せてる指が見えるほど角度が上がってしまっているのでベルの位置を下げ、アゴは引きすぎないように注意しました。リードの反応や音程の為にも、アゴは引きすぎないように気を付けてくださいね~(*^^*)

●ブレス
瞬間で吸うブレス、1拍半かけて吸うブレス、どちらも背中まで空気を入れるように練習しました。
特にソロの吹き初めは、ブレスをしたあとに固まって体が固くならないように注意してください♪素敵な響きの中で吹き始められますように

●スラー
一つずつスラーに気をつけて音をつなげる練習をしました。音が下がるところでも、息圧は下げすぎないで、綺麗につながるように、息も歌い込んで吹けました。指の動きにも気をつけて練習できました。

●フレージング
一つずつつながったスラーを、さらに大きなフレーズにしました。
ずっとクレッシェンドでは、苦しく辛いので、吹き初めはやや楽な音量で、軽く吹くところもつくって乗り越えてみてください♪\(^_^)/
このレッスンノートを書いたコーチ

コンクール受賞歴多数!CDリリースも。趣味~音大受験まで幅広く対応

クラリネット&バスクラリネット教室♪
池田めぐみ (クラリネット)

渋谷・新宿・池袋・秋葉原・南浦和・浦和・戸田公園・蕨

レッスンノート ページ先頭へ

クラリネット情報

サイタのクラリネット講師がブログを通して、クラリネット情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

クラリネットの先生

@ClarinetCyta