趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 体験レッスンお疲れさまでした

体験レッスンお疲れさまでした

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日のレッスン、お疲れさまでした。

今日はまず、カメラの構造、主にシャッタースピードと絞りがどんな関係にあるかのお話をしました。
上部にあるダイヤル カメラマークのオート設定、ストロボを使わないオートの設定。
絞りもシャッタースピードも自分でせっていする M 設定。
シャッタースピードを決める S 設定。
絞りの数字(f値) A の設定について。

絞りの数字が小さいと、ピントを合わせた位置からの奥域の距離が浅くなり、(遠くがボケる)数字が大きくなると距離が深くなります。

また、ピントを合わせる設定が全てカメラにお任せの AF-A というオート設定になっていた為、シャッターを半押しした時に中心の四角にピントが合う AF-S という設定に変更しました。
半押しして構図を変えてみるという撮影の練習をしてみました。

忘れないうちに沢山撮影してみてくださいね。
このレッスンノートを書いたコーチ

結婚式など多方面で活躍中!簡単なデジタル加工も一緒に学べる

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta