趣味の習い事カメラ教室レッスンノート フォーカスの設定と絞り優先オート

フォーカスの設定と絞り優先オート

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

暗いところでも、人物がブレないように撮りたいとのことでしたね。

今までオートで撮られていたようですが、オートの設定には2つあって、
①フォーカス(ピント)
②露出(明るさ)
それぞれ設定するところが違いますので、注意してください。

①フォーカス
*レンズ側のAFMF切り替えスイッチを、AF側に。
*ONESHOT、AFservoの設定
*エリア(ファインダーをのぞいて見える赤い四角)の設定

②露出→絞り優先オートにして、絞り値を選ぶ。
ぶれる原因は、シャッタースピードが遅いことです。カメラが決めるシャッタースピードが遅いと感じる時は、ISO感度を高めに設定してみて下さい。
プラスマイナス補正で、明るさの設定を変えることもできます。

今日は最初でしたがたくさんのことをお話しました。
まずはフォーカス設定を、素早くできるように、次に撮影する時までに出来るだけカメラを触って操作に慣れて行きましょうね!

絞り優先オートにしていると、カメラ内蔵ストロボはボタンを押さないと出ませんので、気をつけてくださいね。プラスマイナス補正も、ストロボだけの設定がありますので、注意です。

次に撮影するまでに、質問があれば、メールでも構いませんので聞いてくださいね。
可能な限りお答えします。

次回レッスンで、新たに撮った写真を是非見せてくださいね(*^_^*)
このレッスンノートを書いたコーチ

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座
奥陽子 (カメラ)

新橋・品川・川崎・五反田・目黒・浅草・祐天寺・中延・大崎広小路・戸越銀座・泉岳寺・銀...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta