趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 体験レッスン、楽しんでいただけましたか?

体験レッスン、楽しんでいただけましたか?

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回は、
今まで囮になった写真を見せていただきながらのお話と、

カメラの設定についてレッスンしました。

プロレスやスポーツを専門に撮っていらっしゃるということで、
良いアングルとかシーンに関してはよくわかっていらっしゃると感じました。

今回はカメラ設定のお悩みを解決することもポイントでしたね。

まず、
高感度の設定ができない問題は、
別設定の画像自動処理機能を解除することで解決しました。

数多く存在するメニュー設定には、
相反する機能や、組み合わせできない機能なども存在します。

今回は、
高感度時の画質改善の機能と、
感度設定の上限とが昨日条件的にぶつかり合っていたために起きていた問題でした。

室内での限られた照明での撮影、
特に動きの速いスポーツの撮影では、
シャッタースピードの向上が必須です。

そのためには、
感度を上げるか、
絞りをできるだけ解放にすることが必須です。

今回の感度向上問題が解決したので、
今までのなんとなく暗い、なんとなくブレている感じからは脱出できると思います。

シャッターの切れるタイミングの遅れや、
画質のシャープさは、
今お使いのカメラですと、少々限界があると思います。

絵作りに関してはバッチリだと思いますので、
スポーツ系が得意な一眼レフに挑戦してみるのもアリかと思います。

使いやすさと性能をバランスさせて、
必要なレンズやボディーのセレクトも研究していきましょう。

今回、
その概要もお話ししましたが、
実際に必要な望遠具合や使いやすさなど、

こちらで所有している機材を覗いたり、
カメラ店で触ってみながら体感して、
ベストな機材を選んでいきましょう。

機材が多少重くなっても、
レスポンスや画質が良くなると、
作品づくりの精神的には、グッと楽になると思います。

望遠レンズの楽な構え方やカメラの取り回し方なども含めて、
これからいろいろレッスンしていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

プロ20年、本や広告で写真と文章を担当。普通のカメラだって撮り方次第!

あら、簡単!楽しい写真&カメラ講座
川上博司 (カメラ)

渋谷・新宿・立川・西国分寺・吉祥寺・三鷹・国分寺・市ケ谷・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・武...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta