音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート 久しぶりのレッスンでした

久しぶりのレッスンでした

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は久しぶりのレッスンでした。
まずはお元気そうで何よりでした。

最初に高音域がうまく当たる秘伝の術(笑)を伝授させていただきました。

早速試していただいて、とてもいい感じで吹ける様になっていましたのでよかったと思います。
あまり高音域を吹くことが無いようですので、これを機に少しずつ鳴らす練習をしてみてくださいね。

曲は少年時代をやりました。
譜読み程度しかしていないと言う割には、とてもよかったですよ!
これからの練習方法として、オクターブキーを押したり離したりして吹くスラーの音符が途切れないように注意をして練習してみましょう。

中間部の4分音符のテヌートはすべての音の長さが同じになるように。特に最後の音は、半拍休んで次のフレーズへ入ってきますが、余裕はありますので前の4分音符が短くならないように気をつけましょう。

最後の部分は焦らずゆったりと吹きましょう。そうしないと最後のrit.だけが別物に聴こえてしまいますので、あわてないで気持ちをおおらかに持って演奏しましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

二兎を追う者もOK!吹奏楽~ジャズもきめ細かいアドバイスで

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta