音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート Fのスケールと、マイクを使った曲の練習

Fのスケールと、マイクを使った曲の練習

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスン、お疲れ様でした〜

今日は初めに、チューナーで音合わせをしてから、Fのスケール練習を行いました

スケールをノータンギングで練習することで、アンブシュアの安定を図りやすくしますが、曲に入る前にやられると、口が安定した状態をキープしてくれるため、非常に効果的です

曲については、マイナスワンに合わせてよく吹けていましたが、付け加えてポイントをいくつかお伝えしますと…

まず第一に、吹いている際に、心で吹くことを心がけていきましょう!
気持ちが入ってくることで、上手い下手は関係なく、聞き手側に深い印象を残すことができます

タンギングの強さについても言及しましたが、曲とは別に、タンギングだけの練習を行ってみて下さい
慣れてくるにしたがって、強弱を調整しやすくなっていきます

曲は途中で止まってしまうと、それだけで聞き手のテンションが崩れてしまうため難しいものですが、たとえ間違えたとしても、最後まで吹く習慣をつけてみて下さい
このレッスンノートを書いたコーチ

イベント、ラジオで活躍中の先生のいいとこどりレッスン

0から始めるサックス教室
茂木達己 (アルトサックス)

新宿・高田馬場・国分寺・江古田・練馬・上石神井・新所沢・本川越

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta