音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート 吹き終わった後の正しい疲れとダメな疲れ。

吹き終わった後の正しい疲れとダメな疲れ。

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回レッスンさせて頂いた方はご経験者でした。

初めにロングトーンを聴かせて頂きましたが、とても力が入っていて吹く事が辛そうでした。

アンブシュアも間違ってないですし、姿勢もとても良かったのですが、
全てを無理に行っている感じがしました。

お話を伺うとやはり吹き終わると口も痛くなり、腕もつりそうになってしまうようで、これは早急に改善しないと楽器だけでなく日常生活にも支障をきたしてしまいます。

ですので、すべて改善させて頂きました。
結果とても楽になったとおっしゃってくださりとても良かったです。

楽器を吹く事は辛い事ではありません。もちろん慣れがあるので、初めからすべてが楽に行えるわけではないのですが、無理な事はいつまでたっても無理な事です。それを続けると身体を壊します。

吹き終わったあとには、正しく吹いていても疲れはします。ですがその際に痛みや不具合がある場合は何か改善するべき事があるかも知れません。
このレッスンノートを書いたコーチ

有名音楽家との共演多数の先生!理想に近づくための練習法をやさしく提案

守利航のサクソフォンスクール
守利航 (アルトサックス)

川崎・渋谷・新宿・溝の口・立川・八王子・国分寺・幡ヶ谷・調布・府中・聖蹟桜ヶ丘

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta