音楽教室サックス教室アルトサックスレッスンノート タンギングを均等にできるように練習しましょう

タンギングを均等にできるように練習しましょう

アルトサックス教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は少しレッスンの間隔が開きましたが、タンギングの練習から始めました。

前回よりはよくなった感じでしたが、まだリードに対して舌をしっかり付けに行ってしまうような感じに聴こえました。
舌はリードに触れる程度で構いませんので、サッと後ろへ引く動作を重視しましょう。
但し、後ろへ引きすぎるとタンギング自体が遅れてしまいますので、ちょうどいい引き具合を探してみてください。

動きのある音符でのタンギングでは、どうしても疲れが出てきて、リズムが遅れてしまいます。「タ」ではなく、「トゥ」の発音で軽くリードへ触れる程度にして、均等にタンギングが出来るように練習しましょう。

曲は君を乗せてをやりました。
スラーで同じ音が続く場合は、レガートタンギングで吹くようにして、音がしっかり切れないように注意しましょう。
また、上のラ以上とオクターブキーを押したファの音の音程が低くなりがちですので、少し息を上目に入れるようにして、音程をキープしましょう
このレッスンノートを書いたコーチ

二兎を追う者もOK!吹奏楽~ジャズもきめ細かいアドバイスで

レッスンノート ページ先頭へ

アルトサックス情報

サイタのアルトサックス講師がブログを通して、アルトサックス情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

アルトサックスの先生

@SaxCyta