サイタ趣味の習い事演劇スクール演技 東京 翔's 演技レッスン レッスンノート セリフの遊び方

セリフの遊び方

演技学校のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れ様でした!
演技が初めてとのことでしたが、歌やダンスが好きということで、表現することが楽しいという感じがセリフからも伝わってきました。
実践対策ということでいきなりのセリフ訓練でしたが、細かく考えてみると表現には色々な方法があって、人間は知らず知らずにそれを組み合わせて日常を過ごしています。それを自分でどうしたいかを決めて考えてやってみることで、もっと伸びやかな表現に結びついていくので、色々と試して…というより遊んでみてください!

今日のキーポイント↓

◆言葉の表現
強いーー+ーー弱い
高いーー+ーー低い
早いーー+ーー遅い
こもるー+ーひらく
などなどの組み合わせ。

◆セリフを考える時
かならず始まる前までの行動がある
呼吸が大事(吸う息、ため息、鼻のすすり、間、など)
いつ、どんな場面なのか
誰に言っているのか(人数も)

◆文章のなかでいろんな感情をかえてみる
例えば怒っている文章でも、
・怒り→怒り→怒り
だけでなく、
・楽しい→悲しい→怒り
・怒り→楽しい→悲しい
など、いろいろな方法がある。
このレッスンノートを書いたコーチ

大劇場出演や有名映画の吹替も!ヒアリングを大切にした指導で初心者も安心

新着レッスンノート

先日は体験レッスンお疲れ様でした。 歌も最終的には心ではありますが、歌詞とメロディーを一括りにして考えるのではなく、言葉としての表現を考えてみてください。 身体の動と静が使い分けられると、ステージングの表現として幅が出ます。 さだまさしさんの動画でもお話しさせていただきましたが、動きの分...

持込みの課題へのアクセスを行いました。

コーラスラインのキャシーのセリフ課題を行いました。 心から伝えることが、演じる上で一番大切。 そのためには、情景、状況を理解するようにまずは自分で調べたり想像したりすることが大切です。 わからないんです、というまま稽古に望んでも、それはわからないままの表現にしかならないので、心から発した...

滑舌練習として行ってきた外郎売りは、大分うまく話せるようになりました。 早口で言うことも大切ですが、まずはそこではなく、はっきりと丁寧に喋ることを心がけて下さい。 顔や口の筋肉を沢山動かすことによって、表情筋エクササイズにもなります。 そして滑舌練習はそれ単独ではただの基礎練習です。 ...

試験対策に特化して考え方の要点を伝えましたが、これから先演じる上で全てに共通するものでもあります。主だったものを記載しますので、再認識してみてください。 セリフ ・貰った場面の理解 ・役がそのセリフの中で何を伝えたいのか ・外(相手やモノ)に発散している箇所と、自分の内側に向かって...

レッスンノート ページ先頭へ