全国7万人が受講している「サイタ」

税理士講座・教室(資格対策)を個人レッスンで探す

税理士試験講座(資格対策)を選ぶ

初めて税理士を受験する方も安心!
日時を選べる個人レッスンです

あなたにピッタリの税理士試験講座を見つけることが出来ます。

サイタ資格取得講座税理士試験講座

都道府県・人気エリアから探す

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる都道府県・エリア一覧です。

ほかの条件で税理士試験講座(資格対策)を探す

はじめて受講される方へ

サイタおすすめの理由

  • 気楽に思いっきり楽しめる!

    気楽に思いっきり楽しめる!

    曜日や時間だけでなく、レッスンの頻度も自分で決められるので無理なく好きなだけレッスンが受けられます。

  • 近場で無理なく続けられる!

    近場で無理なく続けられる!

    全国でコーチを選択可能なので、最寄駅や会社の近くなど自分の都合の良い場所でレッスン可能です。

  • 好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    マンツーマンレッスンなのでコーチが要望に合わせてやりたいことやできるようになりたいことに集中した内容にカスタマイズできます。

レッスン料金

60分あたり3,700円〜

シンプルな料金設定だから、わかりやすくて安心!長く続けられる方への割引コースもあります!

別途、レッスン毎にカフェ利用時のご自身のドリンク代をお支払いいただきます。

※サイタに初めてご入会の方は、入会金8,000円をいただいております。

税理士試験講座(資格対策)の人気講師

サイタで人気のプライベートレッスンを受けられる税理士試験講座(資格対策)の講師一覧です。

約8時間前更新
大里眞司さん

大里眞司さん

ジャンル

税理士

主なレッスン会場

京橋(大阪)

新着レッスンノート

税理士試験講座のレッスン記録ノートの一部をご紹介します!

6月28日

税理士試験簿記論講座(第13回目)税理士試験簿記論講座(第13回目)

レッスン受講お疲れ様でした。 本日のレッスン内容は下記の通りです。 1.人件費 2.資産除去債務 3.社債 4.株主資本等変動計算書 ポイントは以下の通りです。 1.給料支払時、社会保険料や源泉所得税支払時の仕訳を復習しておいてください。 2.税務上、引当金繰入は基本的に損金不算入ですので税効果会計の対象になることに留意ください。 3.資産除去債務は法令又は契約で要求される場合のみ取得原価と負債に計上します。 4.現在価値で計上することは、退職給付債務、社債と同様です。 5.見積り変更の場合は増加と減少で割引率が異なることに留意ください。 6.社債は発行時、利...

6月27日

税理士試験簿記論講座(体験レッスン)税理士試験簿記論講座(体験レッスン)

体験レッスンを受講くださりありがとうございました。 税理士試験は基本的に落とすための試験です。 従って、上位10%以内に入ることを目標に学習してくださいね。 大切なのは時間配分と問題の取捨選択です。 多くの項目から得意な問題且つ時間のかからない問題を選ぶ力が必要となります。得意でも時間のかかる問題は後回しにします。 過去問題よりは模擬試験問題や答案練習会の問題を時間を測って80点以上取ることを目標に勉強してください。 しかし、意欲的な問題が出題されることも多いためかなり低い点数となっても決して気にする必要はありません。 点数よりは上位10%以内に入ることが重要です。 ...

6月6日

税理士試験簿記論講座(第11回目)税理士試験簿記論講座(第11回目)

レッスン受講お疲れ様でした。 本日のレッスン内容は下記の通りです。 1.研究開発費・ソフトウエア 2.繰延資産 3.退職給付会計 ポイントは以下の通りです。 1.ソフトウエア制作費は4つの目的により会計処理は異なるため、正確に覚えてください。 2.市場販売目的のソフトウェア償却費は生産高比例法と定額法のいずれか多い金額を償却する。 3.会社法上の繰延資産は5つに限定されていますので、勘定科目と償却年数を正確に覚える。 4.会社法上の繰延資産は、原則、支出時費用処理であり、問題で原則処理を指示されている場合、うっかり資産計上して5年償却しないように気を付ける。 5....

1月26日

税理士試験簿記論講座(第10回目)税理士試験簿記論講座(第10回目)

レッスン受講お疲れ様でした。 本日のレッスン内容は下記の通りです。 1.減損会計 2.無形固定資産 3.研究開発費・ソフトウエア(P17まで) ポイントは以下の通りです。 1.グルーピングした場合の構成資産の正味売却価額が容易に把握できる場合は、全体の使用価値>全体の売却価額で使用価値を選択して減損会計を適用して減損損失を計上したときでも、個々の構成資産によっては使用価値<売却価額となる場合がある。 この場合、売却価額を選択して減損損失を計算し直すことになり、それによって生じた差額を他の構成資産に配分し直す必要がある。 2.のれんや本社資産などの共用資産の減損はそれを...

ページ先頭へ

ご質問やご相談は、お電話でも受け付けています。
サイタ事務局までお気軽にお問い合わせください。

ウィンドウを閉じる