全国5万人が受講している「サイタ」

ヨガ教室・ヨガスクール

ヨガ教室・ヨガスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ヨガ教室東京 肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ スクールブログ 浅い呼吸は自分...

浅い呼吸は自分を乱し、深い呼吸は自分を取り戻す

ヨガが特に大切にしていることの中に
姿勢と呼吸があります。今日は呼吸のお話。

私がヨガを教えている方に、
便秘の相談をされました。

便秘とは
睡眠、食事、運動の生活の基本が乱れることで
体の動きが滞っているよ、というサインです。

まずは睡眠ですが、乳児と園児の母なので
授乳などで夜中に何度も起き、さらに
早朝に起床しなければならない…
ということで、睡眠の質を上げようと気にするのは
逆にストレスになるのでスキップしました。

今できる最大限のことを、最小限の力で、
が大事です。

次に食事を食べること、作ることが好きな方なので
食事内容、食事をとる時間帯など
色々アドバイスをさせていただき、
かなり改善はしたのですが、
改善すればするほど、
出たあとの心地よさを知っている分、
出ないと気持ちが悪い。

そこで運動が大事になってくるのですが、
なかなか自分のための時間をとれないのは
わかりきっていることなので、
呼吸法を提案してみました。

かなり深い深呼吸をすることなのですが、
まずは、吸うのではなく、はきます。
呼吸とは、はくから吸えるんですよね。

はいて はいて はいて はいてはいて…
もうこれ以上はけないよ〜というところまではく。
お腹がありえないくらいべっこり凹むくらいに。笑

はききったところで、吸います。
この繰り返しです。

普段のような浅い呼吸では
お腹のインナーマッスルはあまり使われませんが、
この深〜い呼吸だと、しっかり使うことになります。
排泄には筋力と腸のぜん動運動が必要です。
それを深〜い呼吸で作り出します。
深呼吸は内臓のマッサージだと思って下さい。

後日、結果をきいたところ、
面白くも良いお返事が!!

彼女はフルート奏者なのですが、
お子さんが生まれてからは
お仕事をセーブされていました。
そんな中ありがたいことにお仕事をいただき、
今までの空白をうめるように、
一生懸命フルートの練習をしたそうです。
すると…出たと。笑

フルートの生演奏をきいたことありますか?
静かではあるけど、すごく深い息使いなんです。
吸うのは一瞬、あとははき続けるという
まさにあの、深〜い深呼吸を
ずーっとしているようなものです。

彼女は久々にじっくりとフルートの練習をして、
便秘が解消されたことで、体だけではなく
気持ちもスッキリしたといいます。

子育ては、楽しくもストレスが伴うことも多く、
イライラすることが多くなっていたそうです。
イライラの反対である幸せを感じるホルモンは
腸内で作られるため、
便秘になると余計にイライラします。
この負のループを抜け出せたのは
昔から続けていたフルートのおかげだったんですね。

元々やっていた深い呼吸をあまりしなくなって、
便秘になり、それを解消しようと
腹式呼吸を始めようとしたところにフルートのお話。
世の中うまくできてますね。
やろうと思った時が始め時、なんですね。

ずっと続けていたのは、
楽曲を奏でるという活動のためだけではなく、
もしかしたら、
自分が自分自身に戻るためにということも
あるかもしれないね、
という話で盛り上がりました。

しかも、その後も新しいお仕事を頂いたし、
それにむけてまた、
フルートの練習をすることになり、
一石二鳥になりそう、とのこと。笑
嬉しい限りです。

便秘な自分と快便な自分。
イライラしている自分とリラックスしている自分。
どちらも自分には変わりないですが、
もともとの自分はどちらですか?
というか、どちらでありたいですか?

深い呼吸は、本来の自分に戻るツールである。

イライラすると呼吸は浅く、
リラックスすると呼吸は深くなります。
反対も同じですから
落ち着きたいときは深い呼吸をしてみることを
おすすめします。
もちろん、便秘にも。




 

(2016年3月24日(木) 21:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

冷え性や身体の不調でお悩みの方に!この先生となら変化を実感できます

肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ
紅谷友美 (ヨガ)

渋谷・原宿・中目黒・駒沢大学・新宿御苑前

ブログ記事 ページ先頭へ