サイタスポーツ教室ヨガ教室東京 肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ スクールブログ 三度の飯と四度...

三度の飯と四度のうんち

年始から変な題名ですみません…。笑
年末年始は美味しいものを食べる機会が
沢山あり、ついつい食べ過ぎてしまいますね。
食べることが大好きな私のリセット術、
お教えします。

すでに前日から始まっています。
まず、食べ過ぎるような飲み会や食事会は、
休日の前日の設定をお勧めします。
食べ過ぎてしまった次の日が勝負ですから。笑

朝起きたら歯を磨いてから
コップ2杯の白湯を飲みます。
私はこれだけで一回目の便がでます。

朝ごはんは、『お腹がすいてから』
野菜ジュースを作りましょう。
お勧めは
りんご 一個(!)半分とかではなく1個です!
パセリ 一つかみ なかなかの量ですね
レモン スライス一枚 苦い皮と白い部分は切る
水 多めの方が飲みやすいです お好みで

これをジューサーやスティックブレンダーで
ジュースにします。色々試した結果、私にはこの組み合わせが合っているようですが他にも

キウイと青汁
アボカドと小松菜
キャベツとりんご
などもお勧めです。
好みの味や体との相性が大事なので、
色々試してみても楽しいですよ♪

飲みます。
私はこれで二回目の便がでます。

また『お腹がすいたら』お昼をたべます。
ご馳走って、
ほとんどが炭水化物とタンパク質ですよね。
炭水化物をエネルギーにし、
タンパク質を筋肉にしてくれるのは
ビタミンとミネラルです。
ですからランチは
野菜や豆、海藻、ごま、ナッツ類などを使い、
ビタミンとミネラルたっぷりの食事にして下さい。

私はここで三回目の便がでます。

そしてまた『お腹がすいたら』晩御飯です。
いつもより全体の量を
気持ち少なめにしましょう。
がっつり減らす必要はないですよ。減らし過ぎると物足りなくて、その後お菓子とか食べちゃいますから、全く意味がなくなります。笑

私はここで四回目の便がでます。

リセットというと、とにかく食べないのが
良いと思われがちですが、血糖値が乱高下して体にとっても負担がかかります。

そしてポイントは、食べたものが消化され、
栄養素が肝臓で貯められて、あまった
ものが脂肪細胞へたどりつくまでに
18時間と言われているので、
それまでにリセットするということです。
だから食べ過ぎた次の日の
食事のとりかたが勝負なんですね。
仕事がある日だと
手作り野菜ジュース〜
とか
ランチはビタミンミネラル豊富に〜
なんてやってられないですもんね。笑
しかも、お腹がすいてなくても食べれるときに食べとく!
または仕事が忙しくて食べそびれたままになった、
など仕事をしているとお腹がすいてから食べるということがなかなかできませんよね。
だから休日に設定することがお勧めなんです。

体の中にたまったものが所謂毒素になります。
デトックスの半分以上は便が担っています。
尿や汗、涙は本当に微々たるものです。
食べたら出すことです。
それには胃腸が元気であることが大事です。
お腹が空いていないのに食べ続けていると
胃腸の使いすぎで弱ります。
だから『お腹がすいたら食べる』ことが
とっても大事です。
体はいろんな仕事を抱えています。
どんどん体の中に食べ物を入れるという行為は
一つの仕事が終わっていないのに新しい仕事を増やしていることです。
自分がもしそうされたらどうですか?
もう、嫌になって帰りたくなりますよね。笑
パフォーマンスが下がるんです。
ですから、一つの仕事が終わってから新しい仕事を依頼する。
これを守ると、快く、便はでてくれますよ。

体も軽くなり、気持ちもスッキリして、
また美味しくご飯が食べれます。
白湯や野菜ジュース、ランチの内容や
食事の量の調整は、やってみると本当に
心身ともにすっきりして、
調子が良くなります。
一度やると心地良すぎて、
食べ過ぎたときはこれに限る!
となるはずです。

食べ過ぎたから明日調整しなきゃ、
という義務感ではなく、
食べすぎると眠くなるしだるくて疲れるから
体を休めてあげよう、体も楽になるし♪
という気持ちがいいからそうする、
そのようになります。

1月7日は七草粥の日です。
年末年始で疲れた胃腸を休めるためのものです。
ただ、これは沢山食べ過ぎている人にとって
あまり美味しく感じないと思います。
また、物足りなさを感じて、
七草粥のおかずに揚げ物つけちゃえー!
とか意味のわからないことをしがちです。
はい。すべて私の経験ですね。笑

年末年始食べ過ぎたな〜、七草粥たべよっと♪
おいしいなあ〜って思う人は、
とても正常な胃腸をお持ちです。
そう思わない人には、
今回私がお教えしたやり方がオススメです。
ぜひおためしあれです。









三度の飯と四度のうんち

(2016年1月6日(水) 22:14)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

冷え性や身体の不調でお悩みの方に!この先生となら変化を実感できます

新着記事

写真は実家の猫、本名エリザベス2世。 愛称エリちゃんです。 しなやかな筋肉と つま先から着地して歩くことから 体の動かし方の先生であります。 体が柔らかいということは 筋肉が柔らかいということ。 筋肉が柔らかいということは 血流がよく、暖かい、また 筋膜同士が癒着してない...

過去に肩こりも腰痛も両方あった 紅谷です。 先日、ヨガ解剖学の講座で 肩と股関節の連動について を受けたのですが、 背中から腰にかけての大きな筋肉である 広背筋と お尻の大きな筋肉である大臀筋は つながっている だから肩こりの人は腰痛に 腰痛の人は肩こりになりやすい...

運動が体に良いということはわかっている、 もしくは必要性を感じる、でも やってはみるものの続かない… 続ける秘訣は、 不調を感じる一点だけを気にするのではなく、 どうして痛みやお肉がつくのかの ある程度の連動の仕組みや構造を知り、 それじゃあ◯◯しなきゃ無理だよね、 と腹を...

先日チェアヨガの講習会に行ってきました。 チェアヨガとは、 もともと体を動かしづらいご高齢の方に向けた 椅子に座ったまま行う簡単なヨガですが、 お若い方でも体が硬かったり、 ヨガ初心者の方にもぴったりなもので、 簡単とはいえかなり奥深く、 ヨガの要素がぎっしりつまったものです。 ...

先日、骨盤だけで7時間(笑)という 解剖学の勉強会に行き、 興味深い話を聞いたので ご紹介したいと思います。 魚→両生類→四つん這い→人間 の進化の過程で、 手や足が出てきた代わりに 背骨が短くなりました。 魚と人間では、体全体に対する 背骨の長さの違いから 魚の安定感...

ブログ記事 ページ先頭へ