サイタスポーツ教室ヨガ教室東京 肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ スクールブログ 年越しの祓えと...

年越しの祓えとワインと年賀状

最近、勉強会で神楽坂に行くことが多いです。
駅前に赤城神社という神社があります。
とっても綺麗で洒落た神社なので、
思わず誰でも入りたくなると思います。

神社やお寺は、私にとって非日常なので、
足を踏み入れるだけで程よい緊張感が味わえるので、
神社を見つけると気軽にお参りをします。

お賽銭を投げ
でっかい鈴をガラガラと鳴らし
二礼二拍手
合掌
いつもありがとうございますと心の中で言う
一礼

これだけで、なんだか自分がとても良いことを
したようで満たされます。一日一善。

この日はいつもは無い、
茅の輪というものが飾られていました。
色んな説明がありますが、まあ平たく言うと

これをくぐると厄が払われる
(正しいくぐり方があります)

そうです。なんてお手軽っ!
そんなんでいいのか…ま、いいのか。笑

私はやはり日本人だなあと思います。
苦労してこそ
何かが出来るようになると考えがちですよね。
ヨガもストレッチも、
大変な方向ではなく、楽な方向に行くものなのに。
まだまだです。私。

この茅の輪は6月と12月に出現するそうなのですが、
メインは6月だそうです。
昔は今のように毎日お風呂に入れなかったし、
洗濯も頻繁にできなかったので、
夏を前にリセットし、残りの半年を疫病から守る、
6月に祀ることで
梅雨の次にくる日照りへの戒めでもあったようです。

年末にも、1年間の厄を落としましょう
ということで、この人が出現するようです。

宗教ではなく、宗教学が好きです。
ものごとには起源があり、
必ずそうである理由がある。
それを知るきっかけをくれるからです。
ヨガやストレッチも同じです。
そんなことは知らなくても生きていけるのですが、
知っていたらもっと楽しく生きていけると思います。

楽しく生きる
せっかくだからそうありたいです。

余談ですがこの赤城神社の敷地内には
カフェがあって、そこから境内を見ながら
食事やお茶ができます。カフェから見える境内の画…
ってなんだか珍しいですよね。
思わずパチリしました。

パワースポットという言葉、
ちょっとチャラくて(笑)
あまり好きではありませんでしたが、
神聖な場所にいるだけで元気になる
ということなんですね。
勝手に難しく考えていた自分を少し反省。

そういえば、
クリスマスにカフェで隣に座った洒落たおじさまが、
グラスワインを飲みながら3枚ほどの年賀状を
書いていたのを見て素敵だなあと癒されました。
この状態もある意味、
パワースポットになりますよね。
パワースポットって、
わざわざ秘境に行かなくても近くにあるんですね。

そんなこんなで気忙しい年末ですが、
なんだかゆったりできました。
皆さま、良い年越しを。

年越しの祓えとワインと年賀状年越しの祓えとワインと年賀状年越しの祓えとワインと年賀状

(2015年12月30日(水) 19:26)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

冷え性や身体の不調でお悩みの方に!この先生となら変化を実感できます

新着記事

写真は実家の猫、本名エリザベス2世。 愛称エリちゃんです。 しなやかな筋肉と つま先から着地して歩くことから 体の動かし方の先生であります。 体が柔らかいということは 筋肉が柔らかいということ。 筋肉が柔らかいということは 血流がよく、暖かい、また 筋膜同士が癒着してない...

過去に肩こりも腰痛も両方あった 紅谷です。 先日、ヨガ解剖学の講座で 肩と股関節の連動について を受けたのですが、 背中から腰にかけての大きな筋肉である 広背筋と お尻の大きな筋肉である大臀筋は つながっている だから肩こりの人は腰痛に 腰痛の人は肩こりになりやすい...

運動が体に良いということはわかっている、 もしくは必要性を感じる、でも やってはみるものの続かない… 続ける秘訣は、 不調を感じる一点だけを気にするのではなく、 どうして痛みやお肉がつくのかの ある程度の連動の仕組みや構造を知り、 それじゃあ◯◯しなきゃ無理だよね、 と腹を...

先日チェアヨガの講習会に行ってきました。 チェアヨガとは、 もともと体を動かしづらいご高齢の方に向けた 椅子に座ったまま行う簡単なヨガですが、 お若い方でも体が硬かったり、 ヨガ初心者の方にもぴったりなもので、 簡単とはいえかなり奥深く、 ヨガの要素がぎっしりつまったものです。 ...

先日、骨盤だけで7時間(笑)という 解剖学の勉強会に行き、 興味深い話を聞いたので ご紹介したいと思います。 魚→両生類→四つん這い→人間 の進化の過程で、 手や足が出てきた代わりに 背骨が短くなりました。 魚と人間では、体全体に対する 背骨の長さの違いから 魚の安定感...

ブログ記事 ページ先頭へ