サイタスポーツ教室ヨガ教室東京 肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ スクールブログ ヨガの魅力

ヨガの魅力

今日は暑かったですね!
最近、気温が低かったので、かなり油断をしていました。



電車の中で、私の横にいる推定10代後半~20代前半の若者が、
ぐったりして頭をドアにつけて立っています。
私よりきっと20歳近く年下なのに。。。心配です。笑



少し真面目な話をしますが、人間は、
魚→両生類→猿→人間と進化してきたと言われています。
その過程で環境の変化についていけないものたちは
滅びていきました。
人間は、強い。でも、
現代の都会ではどうでしょうか?



もちろん、
気温差が激しかったり、
四季がはっきりしなくなってきたりという変化は
人間のエゴの結果なので、それはそれで
しっかり食い止めなければいけないのですが、
それとは別に、環境の変化に耐えうる体も作っておきたいものです。



私は花粉症だし、寒暖差アレルギーだし、
はっきりいって、環境の変化についていけていません。笑
でも、なにもしないでじっとしているよりも、
ヨガをしたほうが心身ともに調子の良さを感じます。
血流がよくなり、鼻づまりも楽になります。
体があたたかくなります。



私を辛くしていたのは、私か・・・!笑



アレルギーであることに意気消沈し、
時にはイライラしたりするよりも、
今の自分を受け入れてできることをやる。
そうしているうちに、うまい過ごし方がわかって
楽にすごせるようになりました。



ヨガは心と体を調和する、つなげる時間です。



ただ呼吸をして、
自分の体をスキャンする。
いつも外側に向いている意識を
内側に、自分だけに向けるという
とっても贅沢な時間です。
誰のためでもなく、自分のためだけにすごす時間です。



痛ければ緩めて、とどまると、
ポーズが深まります。
自然に身を任せると、
本来あるべき方向に体は動いてくれます。
それを「気持ちがいい」と感じるんですね。



自分の体に感謝ができるようになります。
それはあふれて、他の人にも優しくなれます。
だからよく、ヨガをすると
精神的にも安定するといわれるんですね。



ヨガは宗教ではなく哲学です。
人生を楽しくするためのツールです。



今の自分の体は過去の自分が作ったもの。
だから未来の自分の体は今の自分しか作れません。



自然な状態を無視して、
痛いのに無理やりポーズをとると、
心も体も歪みます。
息がとまります。血流が悪くなります。
冷えます、むくみます、太ります、痛めます。笑



自然に身を任せることで、
自然な状態と調和することで、
本来の自分でいられる。
当たり前のことなのに、とっても難しいことですよね。



負けないように無理やり頑張るのではなく、
無理なくチャレンジすることで調和をとる。



ヨガをしていると、
理屈ではなく感覚で自分の進むべき方向が分かるようになります。
それはヨガの時間をこえて、人生にも影響します。
これがヨガの一番の醍醐味です。







 

(2015年7月10日(金) 21:41)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

冷え性や身体の不調でお悩みの方に!この先生となら変化を実感できます

新着記事

写真は実家の猫、本名エリザベス2世。 愛称エリちゃんです。 しなやかな筋肉と つま先から着地して歩くことから 体の動かし方の先生であります。 体が柔らかいということは 筋肉が柔らかいということ。 筋肉が柔らかいということは 血流がよく、暖かい、また 筋膜同士が癒着してない...

過去に肩こりも腰痛も両方あった 紅谷です。 先日、ヨガ解剖学の講座で 肩と股関節の連動について を受けたのですが、 背中から腰にかけての大きな筋肉である 広背筋と お尻の大きな筋肉である大臀筋は つながっている だから肩こりの人は腰痛に 腰痛の人は肩こりになりやすい...

運動が体に良いということはわかっている、 もしくは必要性を感じる、でも やってはみるものの続かない… 続ける秘訣は、 不調を感じる一点だけを気にするのではなく、 どうして痛みやお肉がつくのかの ある程度の連動の仕組みや構造を知り、 それじゃあ◯◯しなきゃ無理だよね、 と腹を...

先日チェアヨガの講習会に行ってきました。 チェアヨガとは、 もともと体を動かしづらいご高齢の方に向けた 椅子に座ったまま行う簡単なヨガですが、 お若い方でも体が硬かったり、 ヨガ初心者の方にもぴったりなもので、 簡単とはいえかなり奥深く、 ヨガの要素がぎっしりつまったものです。 ...

先日、骨盤だけで7時間(笑)という 解剖学の勉強会に行き、 興味深い話を聞いたので ご紹介したいと思います。 魚→両生類→四つん這い→人間 の進化の過程で、 手や足が出てきた代わりに 背骨が短くなりました。 魚と人間では、体全体に対する 背骨の長さの違いから 魚の安定感...

ブログ記事 ページ先頭へ