全国5万人が受講している「サイタ」

ヨガ教室・ヨガスクール

ヨガ教室・ヨガスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ヨガ教室東京 肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ スクールブログ むくみには、水...

むくみには、水分補給を!

もう6月だというのに、
体の冷えやむくみを感じている方が多いようです。
何を隠そう私もそうです。笑


唐突ですが、空のペットボトルと、
水で満たしたペットボトルを、
冷蔵庫に入れておくと、
水が入ったペットボトルのほうが
冷たくなる、ということは想像できますね?


人間の体も同じで、体に水分が多いほど、
冷えやすくなります。


むくんでいる、ということは、
体が水分を欲しているのに、
水分補給がされないため、
これ以上体から水分がでていかないように、
からだがためこんでいる状態。


ですから、水分を体の中に入れてあげて、
古い水分を出してあげなければならないんです。


でも、お茶や水をのむと、トイレの回数が増えて
いやだ、という理由で、なるべく水分補給を
しない方がいます。
すると余計にためこもうとするのでむくみます。


体がむくむと腸もむくみ、ぜんどう運動がしづらくなるので、
便秘にもなりやすくなります。


先ほどの話のとおり、むくむということは
体に水が満タンなので、冷えます。


・・・ものすごい悪循環がおこっているんですね。


ではどうすればよいのでしょうか?


飲む→出すの繰り返しをして、
古い水分を排出します。
仕事がある日はちょっと・・・ということであれば、
休日だけでもやると、全然違います。


やり方は簡単です。
朝起きたらトイレに行きますよね?
そのあと一杯の白湯を飲みます。
以下、大なり小なり、トイレの後には一杯飲むようにします。


食事の時も一緒に白湯を飲みます。


お風呂の前後に一杯ずつ飲みます。


寝る前にトイレに行ったあと、一杯飲みます。


これだけで、だいたい1.5リットルほどは飲むことになります。
十分です。


よく2リットル飲みましょう、といわれますが、
乾燥している欧米の基準です。
日本は海に囲まれた、湿気の多い国なので、
基本的には(運動をしないのであれば)
1.5リットルくらいで十分です。


白湯ということがポイントです。
常温のお水やお茶より、はるかにデトックス効果があります。


それもちょっと・・・という方には、
半身浴がおすすめです。
ポイントは常温の水を飲みながら、ということです。


39度くらいのお湯でやりますが、体が冷えている場合は
あたたまるまでは首までつかってからやります。


適度な圧で、足裏や足首をもみほぐします。
10分~15分で汗だくになります。


しつこいようですが、
お水をちびちび飲みながらというのがポイントです。
出せるだけの水分がないと、汗はでてくれませんから。


6月に入ると湿気が多くなり、空気が重くなるので、
むくみやすくなります。私はここ最近毎日お水を持ちこんで
半身浴をしています。効果抜群です。
お風呂上がりと、次の朝の体の軽さが違います。


また、晩御飯の淡水化物の量を少しだけ減らしたり、
なるべく早く食べることも、半身浴の効果をアップしてくれます。
体の負担を減らしてくれます。


とはいえ、冷えやむくみには運動が一番です。
最近太り気味で・・・という方も、
むくみが取れるだけで
ボディラインも、体重もすっきりしますよ。


新しいものを飲んで、古いものを出す。
飲みたくないものを無理やり飲むのではなく
飲みたい!と体に思わせること、
そう、運動です!


ヨガ、効きますよ〜。


運動はちょっと・・・という方には、
リンパマッサージをお教えすることもできます。
興味のある方はぜひ!お待ちしております。
飲んだ次の日のむくみ対策にもお勧めですよ。笑





 

(2015年6月9日(火) 22:25)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

冷え性や身体の不調でお悩みの方に!この先生となら変化を実感できます

肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ
紅谷友美 (ヨガ)

渋谷・原宿・中目黒・駒沢大学・新宿御苑前

ブログ記事 ページ先頭へ