全国5万人が受講している「サイタ」

ヨガ教室・ヨガスクール

ヨガ教室・ヨガスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ヨガ教室東京 肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ スクールブログ 無理 無知 無...

無理 無知 無茶

「無理なことを知らないと無茶をする」
あたりまえですよね。
でも体を動かす時、無茶しがちじゃないですか?


体が柔らかいということは、

骨格が正しく配列されている状態で
(ずれていると体は本領を発揮できません)
しなやかな筋肉がついているので
関節の可動域が広い

という状態です。

普段から運動をしている人でも、していない人でも、
体が硬いというのは、
全身の緊張が強い状態です。


体はとても賢いです。


無茶をすると、
体が「もうこれ以上は無理です!」と
ストッパーをかけます。
筋肉が緊張状態になり、
それ以上動かなくなります。


それでも無理やりぐいぐいと
動きを深めると
余計体は緊張を強め、
体を痛めてしまいます。
そんな経験はありませんか?


リラックスをして
体を伸ばし
体をニュートラルな状態に戻したら
正しい場所に筋肉をつけていくことで
どんなに硬い体でも確実に変化します。


可動域を広くするために、
少しだけチャレンジをすることは
とても大事です。
でも、今の自分の可動域を把握したうえで
チャレンジをしないと、体を痛めてしまいます。


ヨガの時間は、
自分の体と向き合う時間。
今の自分の限界を知る時間。
体の動かし方のお勉強の時間です。


正しい体の位置と、
体の使い方がわかれば、
立つ、座る、歩く、眠るなどの
日常的な動作がぐっと楽になります。


体が柔らかくなれば、
血やリンパの流れもよくなり、
体はもちろんのこと、
気持ちまですっきりします。


ぜひ、あなたの人生の一部にヨガを。

 

(2015年5月11日(月) 21:18)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

冷え性や身体の不調でお悩みの方に!この先生となら変化を実感できます

肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ
紅谷友美 (ヨガ)

渋谷・原宿・中目黒・駒沢大学・新宿御苑前

ブログ記事 ページ先頭へ