サイタスポーツ教室ヨガ教室東京 肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ スクールブログ 2.寒暖差アレ...

2.寒暖差アレルギーの症状とすぐできる対処法

《症状その壱》
少し寒さを感じるとくしゃみがでますね。
それで終わらず、透明の鼻水がとまらず、
鼻づまりになり、放っておくと咳がでる。
頭痛が起きる人もいます。

風邪の症状とほぼ同じですが、
熱がでないのが特徴です。
(あまりにも喉が腫れると
微熱がでることも)

目の炎症、充血もでないので、
花粉症とも見分けられます。


以下、文章で見るだけだと、
とっても面倒くさいです。笑

春だし、おしゃれもしたいし~
こんなの無理―!なんて言わないで、
健康になったら
いくらでもおしゃれできますから!笑
先手必勝です。


《対処法その壱》

面倒くさがらずに体をあたためます。

鼻や口から入る空気は、
普通は冷たくても
鼻やのどを通ることで温まり、
体の中に入っていきます。

寒暖差アレルギーの人は、
なんらかの理由で
空気を体が耐えられる温度にまで
温めてあげられないんです。

冷たい空気に反応して、
くしゃみ、鼻水、咳がでます。


○とにかく着るものをふやす

○3首(首、手首、足首)をあたためる
 この3か所には体をあたためる
 ツボがあるからです
 巻物やネックウォーマー
 手の甲の半分くらいが隠れる
 アームウォーマー
 レッグウォーマーなど。

 この3か所をあたためると、
 びっくりするくらい体はあたたまります。

 首や足首はあたためても、
 手首を放置する人がいます。
 手首、侮れないです。
 アームウォーマーがなければ
 家にいるときなら、
 ハンカチやタオルでも
いいと思います。
 いまいち手首をあたためる
必要性を感じない人、
 手首の表を摩擦してみてください。
 体がぽかぽかしてきますよ。

 また、体をあたためると下半身を!
 と思い、上半身をあまりマークしない人
 もいます。(それ、私。笑)
 上半身には大事な肺があるのと、
 背中や肩の筋肉は広範囲なので、
 そこをあたためると効率がよいです。
 ベストなどでしっかり温めてくださいね。


○暖かい飲み物を飲む
 体の中からもあたためます。
 沸かしたお湯に
生姜の粉末を加えたものや、
 ノンカフェインのお茶をホットで。

○部屋をあたためる
体に入ってくる
 空気をあたためるという手も
あります。

○マスクをする
 体に入ってくる空気を
 マスクの中であたためてから
体内に入れることができます。

こうするだけで、
症状が無くなる人もいると思います。
これでもよくならなかったり、
次のステップに
踏み込んでしまう人は↓


《症状その弐》


気温がぐっと下がる時間帯に咳がでて、
喘息のような症状がでる。
痰や鼻水なども。

日が沈む時間~夜にかけての人は、
夜中は症状がおさまる。

明け方4時くらいに症状が出る人は、
明け方5時から6時には症状がおさまる。


対処法その壱を全部やれば、
少しは楽になります。
でもここまでくると、薬が必要です。
朝一で病院にいきましょう。笑
放置すればするほど
治りが遅くなります。

何科にいけばいいんでしょう?など、
次の対処法はまた次回。














 

(2015年4月19日(日) 14:31)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

冷え性や身体の不調でお悩みの方に!この先生となら変化を実感できます

肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ
大平友美 (ヨガ)

渋谷・原宿・中目黒・駒沢大学・新宿御苑前

ブログ記事 ページ先頭へ