サイタスポーツ教室ヨガ教室東京 肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ スクールブログ 1.昨夜、今朝...

1.昨夜、今朝、くしゃみ・鼻水→鼻づまり・咳の人、寒暖差アレルギーでは?

久々にガツンときました。
寒暖差アレルギーについてまとめておきます。
寒暖差アレルギーの定義については
→https://cyta.jp/yoga/b/53204

今日からの予報・最高気温/最低気温
日曜日21/11
月曜日21/13
火曜日20/11
水曜日21/11

最高気温が20度を超えてきてかつ、
昼の最高気温と明け方の最低気温の差が
10度くらいになってくると、
(だいたい花粉症が
おちついたあたりです)
ヤツはやってきます。

そしてだいたいその頃風邪をひく人、
要注意です。
風邪が治っても、
咳だけが残ったりする方。
寒暖差アレルギーの可能性大です。

症状がでるのは夜や明け方なので、
病院が空いていない場合が多いです。

症状とすぐできる対処法
 (病院に行くまでのつらい症状を
軽くする方法)

次の日からやるべき対処法
 (何科にいけばいいのか
~漢方の併用)

継続的にやるべき対処法
 (自分でできること)

などなど、書いていきます。

気温差が少なくなれば
症状はなくなります。
でも次にヤツがくるのは秋です。
そして来年の春も。
すぐにはなおりませんが、
上手に付き合うことで、
まったく怖くないです。

何も知らない、何もしないのが
一番こわいこと。
きちんと対処をすれば、
だんだん症状は軽くなり、治ります。

今は症状がなくても、(ないからこそ)
知っておいてほしい、
花粉症に続くアレルギーです。







 

(2015年4月19日(日) 13:45)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

冷え性や身体の不調でお悩みの方に!この先生となら変化を実感できます

新着記事

写真は実家の猫、本名エリザベス2世。 愛称エリちゃんです。 しなやかな筋肉と つま先から着地して歩くことから 体の動かし方の先生であります。 体が柔らかいということは 筋肉が柔らかいということ。 筋肉が柔らかいということは 血流がよく、暖かい、また 筋膜同士が癒着してない...

過去に肩こりも腰痛も両方あった 紅谷です。 先日、ヨガ解剖学の講座で 肩と股関節の連動について を受けたのですが、 背中から腰にかけての大きな筋肉である 広背筋と お尻の大きな筋肉である大臀筋は つながっている だから肩こりの人は腰痛に 腰痛の人は肩こりになりやすい...

運動が体に良いということはわかっている、 もしくは必要性を感じる、でも やってはみるものの続かない… 続ける秘訣は、 不調を感じる一点だけを気にするのではなく、 どうして痛みやお肉がつくのかの ある程度の連動の仕組みや構造を知り、 それじゃあ◯◯しなきゃ無理だよね、 と腹を...

先日チェアヨガの講習会に行ってきました。 チェアヨガとは、 もともと体を動かしづらいご高齢の方に向けた 椅子に座ったまま行う簡単なヨガですが、 お若い方でも体が硬かったり、 ヨガ初心者の方にもぴったりなもので、 簡単とはいえかなり奥深く、 ヨガの要素がぎっしりつまったものです。 ...

先日、骨盤だけで7時間(笑)という 解剖学の勉強会に行き、 興味深い話を聞いたので ご紹介したいと思います。 魚→両生類→四つん這い→人間 の進化の過程で、 手や足が出てきた代わりに 背骨が短くなりました。 魚と人間では、体全体に対する 背骨の長さの違いから 魚の安定感...

ブログ記事 ページ先頭へ