全国5万人が受講している「サイタ」

ヨガ教室・ヨガスクール

ヨガ教室・ヨガスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々3,700円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

スポーツ教室ヨガ教室東京 肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ スクールブログ 花粉症対策ヨガ

花粉症対策ヨガ

こんにちは。花粉症の紅谷です。

幼少期から鼻炎で、
気がついたら重度の花粉症になっておりました。

若いころは何とか乗り切れましたが、
年をとるにつれて体が辛い、
気持ちもめいるように・・・笑
健康であることって大事ですよね。

花粉症に良いとされる食べ物、
サプリメント、
ハーブティ、
アロマオイルなどなど、
いろんなものを試してきましたが、
それだけではなかなか解消されませんでした。

そんな折にこれは!!! 
と手ごたえを感じたのがヨガです。

ある春、
ヨガをすると鼻づまりが解消されることに
気がつきました。

以前ブログでも書いたように、
ヨガをするまでは口呼吸しかできなかったのに、
ヨガが終わった頃には
マスク無しでも大丈夫なほどに。
周りにもそういう方はとても多いです。

ただ、少し時間がたつとまた元に戻るんです。

これは何が起きているのかというと、
ヨガの呼吸と筋肉運動で代謝がよくなり、
気と血がしっかり巡っている状態を
作っているんですね。

逆に滞ると元に戻る、ということは、
巡っている状態をキープすることが大事、
なんですね。

ものすごく簡単に、さらっと言いましたが、
これって年をとればとるほど大変なことです。笑

ではどうすればいいのでしょう。
自分の体が動いてくれないのなら、
動かしてあげること、
そう、運動です。ヨガです!

花粉症は肝臓の働きと密接であるとされています。
肝臓とは、栄養の吸収、消化、解毒をしてくれる内臓です。

春はデトックスの時期ということは、
以前のブログでお伝えしましたね。↓
https://cyta.jp/yoga/b/51075

デトックスをする量が多すぎると、
肝臓が疲れてしまって、
本領を発揮できず、免疫力が低下し、
花粉症などのアレルギーをひきおこしてしまう、
とされています。

余談ですが、
お酒を飲むと鼻声になったり、
鼻が詰まったりする方は、
肝臓が弱いというか、
肝臓がうまく働けていないのかもしれません。

花粉症で鼻が詰まると、
頭痛がする、肩こり、首こりがする
などの症状がでる方も多いです。
鼻炎の症状が出ているときは、
鼻の周りの気や血が滞っているので、
胸、鎖骨、首、肩、顔、耳、頭などが
固くなる傾向にあります。

もはや鼻炎が原因か、
肩こりや頭痛が原因かさえも
わからなくなってくる場合もありますね。笑

そんな時にはヨガです。

ねじりや後屈のポーズで、
気と血の流れを促します。
肝臓や腸の動きも活性化します。

腸と花粉症の関係について↓
https://cyta.jp/yoga/b/51486

よく花粉症の時期になると、
マッサージのお店で
「花粉症対策の頭皮マッサージ」
なるものを見かけると思います。

鼻がある顔周りの巡りを良くしてくれると思うので、
とてもよく効くと思います。

ただ・・・
マッサージ直後の血流が良い時は治りますが、
続けないと元に戻ってしまうので、
人にやってもらうマッサージよりも、
自分でやるヨガのポーズのほうが、
自分が必要なときにできますよね。

そういう意味でも、花粉症対策ヨガ、おすすめです。
気と血のめぐりを良くし、体を温めることで、
免疫力アップです!

もちろん、以前のブログで書いたように、
食事の量や質も、大分影響してきますから、
その辺に気をつけることも大事です。

ヨガをやって、
食事にも気を使ったところで、
すぐに花粉症がなくなるわけではありませんが、
確実に変化はします。

何もしなければ、そのままです。
どうせ時間がかかることは、
早めに始めたほうが得です。

私はヨガをはじめて以来、
だんだん調子が良くなってきているので、
毎年の春が、怖いような、楽しみなような感じです。

花粉症の方々、
ぜひ、一緒に花粉症から脱出してみませんか?









花粉症対策ヨガ

(2015年2月15日(日) 18:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

冷え性や身体の不調でお悩みの方に!この先生となら変化を実感できます

肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ
紅谷友美 (ヨガ)

渋谷・原宿・中目黒・駒沢大学・新宿御苑前

ブログ記事 ページ先頭へ