サイタスポーツ教室ヨガ教室東京 肩こり・腰痛・膝痛 予防ヨガ スクールブログ 男のヨガ、女の...

男のヨガ、女のヨガ。その②女性編

前回の男性編では、
男性は内側が柔らかいので、
外側の筋肉が固いことで体を守っている、
ということを書き記しました。↓
https://cyta.jp/yoga/b/51769

反対に女性は、
外側の筋肉がつきにくい分、
内側に芯があることで、
体を維持しています。

同じ運動量でも、
女性の方がインナーマッスルを使って
(外側の筋肉が少ない分、
インナーマッスルを使わざるをえない)
正しくヨガのポーズをとるのは得意だと思います。

がしかし、ある程度の外側の筋肉も
女性にとっては必要です。

女性の場合は、関節の柔らかさゆえに、
「ポーズがとれているように見えてしまう」んですね。

一見ポーズがとれているように見える方でも、
関節が柔らかいだけで、
筋肉が使えていない(かたい)ために、
ヨガのポーズで
体を痛めてしまうことが多いです。
それは実は関節の柔らかさに、
体の他の部分がついていけてないということなんです。

後屈(体を反ること、前屈の反対)をするときに、
腰が柔らかいため、反ること自体はできるけど、
反った状態で体を支えることが難しい、だったり。
腰ばかりに頼っていると、腰痛になります。
下半身全体の筋肉が使われていない状態です。

肘や膝の過伸展(猿腕・外販肘など)も、
関節が柔らかい女性に多いです。
過伸展ではない方以上に、周りの筋肉を強化して、
関節を守る必要があります。

関節を守るには、伸ばしながら縮めるという、
相反する力を身に着けることです。
ヨガのポーズには関節を守りつつ、
正しい位置に無駄なく筋肉がポーズが満載です。

同じ運動量でも、
女性は外側の筋肉よりも、
内側の筋肉(インナーマッスル)に効きやすいので、
男性のようにムキムキになることはまずありません。

インナーマッスルをも強化することで、
内臓の位置を正しく、尿漏れを防ぐ!笑
美は健康の奥にある、です。

体の調子がよくなり、
心に余裕ができて、
美味しくご飯がたべれるようになり、
家事や洗濯など日々の生活でさえも、
楽しい!と思えるようになりますよ。
本当です。


まとめ

筋肉を、男性は外側に、
女性は内側に優先的につけようとすることで、
それぞれの特性を活かして
体を守ろうとしているんですね。
人間の体ってすばらしい!

体の特徴や、得意不得意は十人十色です。
一人ひとりに合わせて、男性も女性も、
「内側、外側両方の体に効かせるヨガ」
を始めてみませんか?
身体の調子が良いと、
いろんなことに前向きになれますよ。






 

(2015年2月12日(木) 20:49)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

冷え性や身体の不調でお悩みの方に!この先生となら変化を実感できます

新着記事

写真は実家の猫、本名エリザベス2世。 愛称エリちゃんです。 しなやかな筋肉と つま先から着地して歩くことから 体の動かし方の先生であります。 体が柔らかいということは 筋肉が柔らかいということ。 筋肉が柔らかいということは 血流がよく、暖かい、また 筋膜同士が癒着してない...

過去に肩こりも腰痛も両方あった 紅谷です。 先日、ヨガ解剖学の講座で 肩と股関節の連動について を受けたのですが、 背中から腰にかけての大きな筋肉である 広背筋と お尻の大きな筋肉である大臀筋は つながっている だから肩こりの人は腰痛に 腰痛の人は肩こりになりやすい...

運動が体に良いということはわかっている、 もしくは必要性を感じる、でも やってはみるものの続かない… 続ける秘訣は、 不調を感じる一点だけを気にするのではなく、 どうして痛みやお肉がつくのかの ある程度の連動の仕組みや構造を知り、 それじゃあ◯◯しなきゃ無理だよね、 と腹を...

先日チェアヨガの講習会に行ってきました。 チェアヨガとは、 もともと体を動かしづらいご高齢の方に向けた 椅子に座ったまま行う簡単なヨガですが、 お若い方でも体が硬かったり、 ヨガ初心者の方にもぴったりなもので、 簡単とはいえかなり奥深く、 ヨガの要素がぎっしりつまったものです。 ...

先日、骨盤だけで7時間(笑)という 解剖学の勉強会に行き、 興味深い話を聞いたので ご紹介したいと思います。 魚→両生類→四つん這い→人間 の進化の過程で、 手や足が出てきた代わりに 背骨が短くなりました。 魚と人間では、体全体に対する 背骨の長さの違いから 魚の安定感...

ブログ記事 ページ先頭へ